テーマ:ユダヤ

フランクリン・ルーズベルト米大統領と共産主義運動

 日本と連合国との戦争における、通俗的な意味でのいわゆるA級戦犯として、前回、共産主義者の面々を挙げた。  スターリン、毛沢東、周恩来、尾崎秀実。  ソ連、中国共産党の指導者、およびコミンテルンの日本人スパイである。  彼らは日本が戦争せざるを得ないようにもっていく意図を持っていたし、実際そのように工作し、しかもそれを成功させた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more