テーマ:お知らせ

【転載記事】 「米議会・慰安婦問題決議への憂慮―日本外国特派員協・ナの意見陳述―西尾幹二」 

 名分条理を正すは維新の根元。  西郷南洲翁が人の言葉として語っていたのを思い出す。  前回少し触れた「従軍慰安婦」「セックス・スレイヴ」の問題に関して、西尾幹二氏が世界に向けて名分条理を正すための狼煙を上げたので、「西尾幹二のインターネット日録」より紹介させていただきます。 http://www.nishiokanji.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今なぜ皇室と『論語』について書くのか

『西郷南洲伝』「維新初政」編 「薩摩藩邸焼き討ち」をブクログにて追加配信いたしましたのでお知らせいたします。  http://p.booklog.jp/users/yamatogokoro  テーマは旧幕・陸軍方主導の薩摩藩邸焼き討ちをどのように評価するかですが、大事なのは、江戸撹乱工作の意図を持たなかった薩摩藩首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当はなかった西郷隆盛の「江戸撹乱工作」

『西郷南洲伝』「維新初政」編 第五回配信分「いわゆる江戸撹乱工作」をブクログにて配信いたしましたのでお知らせいたします。  http://p.booklog.jp/users/yamatogokoro  内容は、通説のようになっている西郷南洲翁によるいわゆる江戸撹乱工作は本当にあったのか否か、というものです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ

 毎月十五日は『西郷南洲遺訓解説』の配信日ですが、三月はお休みさせていただきます。  なぜ、南洲翁の事跡、そして『論語』が問われなければならないと筆者が切実に考えるのか、その根拠を問うた記事『西尾幹二氏への数言』をブログでアップするので、そちらを代わりにお読みいただきたくことでご容赦いただければと思います。  第一回記事は既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『西郷南洲伝』 第四回「再び、辞官納地か、それとも討薩か」配信のお知らせ

『西郷南洲伝』「維新初政」編、第四回「再び、辞官納地か、それとも討薩か」を配信しましたのでお知らせ致します。  http://p.booklog.jp/users/yamatogokoro  今回は越前福井藩・土佐藩を中心とする平和解決派の、京の朝廷と大坂城の間を何度も往復しての運動を克明に追っています。  十二月九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『西郷南洲遺訓解説』 正月分配信のお知らせ

『西郷南洲遺訓解説』  第三回 「韓退之『伯夷の頌』と驕り」 第四回 「南洲翁の正気」 配信いたしましたのでお知らせいたします。 http://p.booklog.jp/users/yamatogokoro 第三回は以前、このブログに掲載したものに加筆を施したもの。 第四回は、「正気」という言葉を字眼に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『西郷南洲伝』「辞官納地か、それとも討薩か」配信のお知らせ

 『西郷南洲伝』「維新初政」編、「小御所会議」に続く第二回連載「辞官納地か、それとも討薩か」を配信いたしましたことをお知らせします。  配信が大幅に遅延いたしましたことをお詫び申し上げます。  http://p.booklog.jp/users/yamatogokoro  「辞官納地か、それとも討薩か」は、「小御所会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『西郷南洲伝』のブクログにおける公開遅延の件について

 十二月一日公開予定だった『西郷南洲伝』「維新初政編」本文の公開が大幅に遅れてご迷惑をおかけしております。 http://p.booklog.jp/users/yamatogokoro  ワードで作成した文章を貼り付けての、ブクログのプラットフォームにおける編集作業が、文字化けなどで、うまく行っていないことが原因です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『西郷南洲伝』(中)の電子書籍における公開のお知らせ

『(新)西郷南洲伝』(上・下)の中巻部分を、電子書籍作成販売のプラットフォーム「パブー」で、連載形式で公開していくことにしました。  http://p.booklog.jp/users/yamatogokoro  ひとまず毎月一日の公開予定です。    第一回連載につきましては、サンプル号ということで上のページから無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ

 活動の更なる充実と発展のため、しばらくブログにおける言論活動を休ませていただきます。  新しい活動については、またこのブログでお知らせいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more