テーマ:東京裁判

映画 「プライド-運命の瞬間」 

映画「プライド-運命の瞬間」 ウィキ記事より転載する。 (「プライド・運命の瞬間」ウィキ解説; http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%81%AE%E7%9E%AC%E9%96%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際連合という呼称に関する問答 (その三)

ヒロシさん 「うーん(-_-;)困りましたね。 欠けていると言うか、基本認識の点で抜けているポイントがあるので。 まず満州事変ですが、対ソ防衛上の安全保障の問題があります。 日露戦争と同じで当時の中華民国、それも張作霖の軍閥で満州を防衛できるかと言う問題がありました。 だから後のハルノートで満州からの撤退はのめなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際連合という呼称に関する問答 (その二)

 前回の記事に対して、ヒロシさんから丁寧な返答があり、誤解が解けるとともに、大変啓発を受けたので、氏に対する感謝の意も込めて、再び、これに対する回答を記事にしたい。 ヒロシさん、 「記事にしていただき大変恐縮です。  中立ということについてはっきり申しておきます。  僕自身は国民党に好感を持っています。  民進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッテル貼りという、知性を閉ざす政治的行為

 前回述べたことからも分かるように、国際連合が連合国であるとの解釈を、ガセネタと主張するヒロシさんが、意図的かどうかはともかく、そうレッテルを貼ることで、却ってガセネタを振りまいてしまっていることは、皮肉を通り越して滑稽ですらある。  彼のブログの主張の全てに目を通したわけではないが、その範囲内でも、ガセネタとのレッテルを貼ったのを読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more