厳しい東アジア情勢

 日本を取り巻く厳しい国際情勢に関する討論を紹介する。

日本文化チャンネル桜
『日本よ、今・・・闘論!倒論!討論!2011』

「どうなる!?中国の行方と日本」


http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/124/_qxa1Si2VHg

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/123/ev3h-MQxPk4

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/122/UPL8qfn46GI


「朝鮮半島問題と日本の今」


http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/78/BZozsvCH8qE

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/77/7BJlnnV7LRA

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/76/XuF8YNjtXRw



 このような情勢に取り巻かれているにもかかわらず、中国に擦り寄る外務省。

参照記事;櫻井よしこ「中国に気兼ねして台湾を裏切り国家の独立心を放棄する外務省」

http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2011/11/05/%e3%80%8c%e3%80%80%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ab%e6%b0%97%e5%85%bc%e3%81%ad%e3%81%97%e3%81%a6%e5%8f%b0%e6%b9%be%e3%82%92%e8%a3%8f%e5%88%87%e3%82%8a%e5%9b%bd%e5%ae%b6%e3%81%ae%e7%8b%ac%e7%ab%8b%e5%bf%83/


 さらにはアメリカ発の平成の不平等条約・TPPの問題がある。

「亡国最終兵器 TPPの真実」

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/24/buBpYJO3Vro

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/23/KNOHHipRgPc

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/22/P_nP3eCiZl8

 
 一方で次のような興味深い賛成論もある。

 ブログ『戦勝国は日本だった』10月31日付記事「TPPに賛成する」以降、展開されているTPP賛成論は、興味深い。(http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51303770.html
 これも参照されたい。


 もう一つ必要な視点は、英米系地政学的見地からのハートランド同盟であろう。これについては不十分ながら拙ブログの次の記事を参照されたい。

「中露同盟」http://saigou.at.webry.info/201110/article_7.html

 幸い米国は、経済関係から露骨に対立は出来ないものの、中国の脅威に本格的に対処し始めている。 
 

 現在の日本は、幕末から大東亜戦争前夜までの日本を襲った困難が一気に押し寄せようとしているかのようだ。
 希望はある。
 楽観論もあるが、危機意識の強かった戦前ですら、不安は抱いても、開戦前に大日本帝国が崩壊するなどとは誰一人、夢にも思っていなかったのだ。
 いたとすれば、敗戦革命に導こうとして確信犯的に活動していた共産主義者ぐらいのものだっただろうか。
 ともかく、敗戦という結果を初めからわかっていた、などというのは悧巧者の後知恵だろう。

 大東亜戦争の教訓を汲むなら、何が起きてもおかしくはないとの立場に立って、あらゆる要素を測り、それに対する対策を立てていく、ということになるはずだ。この場合、想定外は言い訳にならない。
 備えあれば憂いなし、とまでは行かなくとも、憂いはかなり軽減されるはずだ。戦前のような、貧すれば鈍する、という事も避けられる。
 「正心誠意」を言った勝海舟が、官軍の江戸攻略を前にして、出来うる限り万全の備えを為すことで、精神を活発ならしめる事ができたように、だ。


 ここで吉田松陰が松下村塾での歴史を講ずる際の弟子たちへの問いかけを紹介しておこう。

 さて、君ならどうする?

 今、我々は歴史の重大局面に立たされようとしている。

 あなたならどうする?

 この問いかけに答えようという精神からこそ、真の希望は生まれるのである。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック