中国による尖閣諸島侵略

 先日、シナ漁船が尖閣諸島近海の日本の排他的経済水域に侵入し、国際ルールに則って、停船を命じた海上保安庁の巡視船二隻に体当たりする事件が起きた。
 これはシナの尖閣諸島侵略、ひいては日本侵略の序章に過ぎない。




 産経新聞の報道によると、中国外務省の姜瑜報道官は、9日の定例記者会見で、中国側がすでに同諸島海域に向けて「漁業監視船」を派遣したと発表した。

 中国農業省が管理している漁業監視船派遣の目的は「関係海域の漁業生産秩序を維持し、中国の漁民の生命、財産の安全を保護すること」であると言う。
 つまり、尖閣諸島は中国の領土である、ということを前提としての行動である。
 監視船がいつ出港したかについて明言を避けているところを見ると、事件発生前より予定の行動であった、と見るべきであろう。
 もちろん、漁船は偽装漁船。
 すなわち工作員が漁師になりすまして、シナ共産党の工作機関の筋書き通りに事を運ぼうとしたということだ。 

 姜報道官は、尖閣諸島は中国の領土であると改めて強調した上で、「その海域で操業していた中国の漁船に日本の国内法が適用されるのは荒唐無稽(こうとうむけい)だ。非合法であり効力はない」と日本側の対応を批判し、公務執行妨害で逮捕された船長と漁船を、無条件で早期に解放するよう重ねて要求したという。

 全く、荒唐無稽な猿芝居を仕組んで、自己の他国領土侵略を正当化しようとしているのはどちらだと言うのか。

 この事件に付いて、その名の通り、戦後日本の象徴である朝日新聞は、情けないことに、シナの情報戦略に則った報道をしている。彼らは新華社通信のような、シナ共産党の情報工作の下部機関に堕している。


 もっと悪質なのは、民主党代表戦を戦っている小沢一郎氏である。
 私は小沢氏は、独裁政権である中国共産党というシナ皇帝のお墨付きによって、日本に倭王として君臨しようとしているとみている。彼の発言の志向するところ、易姓革命に行き着かざるをえないのだ。
 そのことの政治的表現が、昨年十二月、民主党議員の大多数で組織された大朝貢団を引き連れての北京詣でであり、 胡錦濤国家主席に対する、人民解放軍の野戦軍司令官として、日本国人民の解放に尽力する、との発言になるのだろう。
 彼の野望は、マスメディアに向けてどんな発言をしようとも、日本国家の私物化である。
 だまされてはならない。
 彼のわざとらしい作り笑顔と腹黒さに嫌悪感を覚えている日本国民の直感は正しいのだ。


 









 ご皇室を、朝鮮半島から来た騎馬民族にして、この国土、民を征服した者と規定する、ということは、日本という国が朝鮮人による易姓革命によって成った国であり、これまで我が民族が信じてきた万世一系の国体を否定することになる。
 彼はこの党首選のさなかにも、女系容認、靖国問題におけるA級戦犯分祀という、シナ共産党の意に沿った発言をしている。
 彼は明らかに日本の国体を否定しているのだ。
 彼の言う維新の中身がわかろうというものだ。
 それは明らかに贋物であり、易姓革命である。
 
 それにしても、彼が、最も自立心がない国民と見下している日本国民の解放を行うというのは一体どんな内容のものであろうか。
 想像してみるだけでそら恐ろしい気がする。
 それはチベットやウィグルで行われているのと同種の解放であろう。中国におけるそれは、実質的に民族浄化政策といっても過言ではない。
 彼が北京で忠誠を誓った 胡錦濤国家主席こそは、チベット人への苛烈な弾圧によって、鄧小平に認められて、国家主席にまで上り詰めた男なのである。

 

 小沢氏は五日、日曜日のNHKの討論番組に出演した際、中国が領有権を主張している尖閣諸島に関し「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」と述べ、毅然とした対応の必要性を指摘した。
 チャンネル桜の水島氏は、小沢氏の選挙戦を有利に進めるための発言であり、事件二日前のこの豹変ぶりは、中国共産党と示し合わせてのものだと見ている。






 中国共産党が事件を起こして、日本人の中国に対する警戒心をあおり、小沢氏がこれに安堵感を与える。
 つまりマッチポンプ式の中国共産党による小沢氏の選挙応援であると水島氏はいうのだ。小沢氏の出馬に際して、引退を宣言していたはずの鳩山由紀夫氏が、色めきたって、伝書鳩宜しく、北京に行って胡錦濤に会っていることからも、水島氏の説の可能性は否定できない。


 確かに小沢氏のこの心強い発言を聞いた小沢待望論者は、もうこの言葉にだまされてしまっているかもしれない。
 陸山会の資金問題に関する訴追も、逃げも隠れもしないと公言してはいるものの、党首選が終わってしまえば、小沢氏は前言を翻すことに躊躇しないはずだ。調査の結果出た証拠不十分との結論を、潔白が証明されたとすり替えているのであるから、これぐらいのことは見抜かなければならない。

 
 しかし中国共産党はそれだけで、この事件を仕組んだわけではない。
実は、中国共産党は、世界中の華僑社会に呼びかけて、民間船舶百隻による尖閣諸島への上陸・占拠を、来年の六月十七日に予定しているのである。
 今回の事件が起きた九月七日は、アメリカのロスで、ちょうどその決起集会が予定されていた日であったのだ。









ネット上では、次のような2050年の極東を描いた地図が出回っている。
一説によると、中国の外務省から流出したものとも言われているが、真偽はわからない。

http://chinachips.fc2web.com/illust/map/2050_asia.gif




 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック