テーマ:南京大虐殺

「育鵬社歴史教科書支持派の皆様方へ(3)」 (「えんだんじのブログ」より転載) 

「育鵬社歴史教科書支持派の皆様方へ(3)」(「えんだんじのブログ」より転載 http://www.endanji.com/?p=525)  今年の5月29日の読売新聞朝刊で大スクープニュースが報じられていた。在日支那大使館の一等書記官、李春光(45)が外国人登録証明書を不正に使って銀行口座を開設し、ウイーン条約で禁じられた商業活動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「育鵬社歴史教科書支持派の皆様方へ(2)」 (「えんだんじのブログ」より転載)

  私たち「つくる会」の人たちは、育鵬社は一応ライバルですからフジテレビの子会社ということを知っていますが、読者や育鵬社教科書支持派の人たちは、育鵬社はフジテレビの日枝久会長が3億円を出資して作ったフジテレビ100パーセントの完全子会社であることを知っているのでしょうか。私が疑問を感じるのは、フジテレビのようなテレビ局が教科書を製作し販…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

似非保守からの非難

 以前「南京事件の教科書記述」という記事を書いた。  そこで、「新しい歴史教科書をつくる会」を非難中傷するために開設されたブログからトラックバックがあり、その記事の内容を取り上げ、これを批判したが、そのブログで私が取り上げられて名指しで非難されていることを最近になって知った。というのは、私は自分の書いた批判記事を相手方にトラックバック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び、「和」の伝統  … 島津斉彬

 「えんだんじ」氏によると、育鵬社歴史教科書盗作問題に関して、「新しい歴史教科書をつくる会」総会で、会員の意見は、盗作を公表して問題解決を図る意見と穏便に済ます意見に分かれたが、前者の意見が多数を占めた。そこで会首脳部は、前者の意見を採り、まず双方の教科書執筆者同士の話し合いを行って解決を図り、それでも解決しなければ、法廷闘争も厭わない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中国人スパイ事件と八木秀次氏」 (「西尾幹二のインターネット日録」より転載)

中国人スパイ事件と八木秀次氏 藤岡信勝氏の「つくる会を分裂させた中国人スパイ」(WiLL8月号)は反響を呼んでいる。氏は9月号にも続篇を書くべく準備を進めているようである。  「つくる会」分裂は私の身にも及んだ痛恨事だった。私も当時から思い当る節があり、分裂に至ったいきさつには「なにか外からの強い力が働いた結果」という推定を下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「育鵬社歴史教科書支持派の皆様へ」 (「えんだんじのブログ」より転載)

「育鵬社歴史教科書支持派の皆様へ」 ( http://www.endanji.com/?p=521)  先月6月30日に「新しい歴史教科書をつくる会」の総会がありました。大きな議題の一つが育鵬社の歴史教科書の二つの問題でした。この二つの問題は、育鵬社の支持者の間では、あまりよく知られていないし、また知っていたとしてもその深刻度が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「全国の『つくる会』会員の皆様方へ(2)」 (「えんだんじのブログ」より転載)

「全国の『つくる会』会員の皆様方へ(2)」 http://www.endanji.com/?p=519 今月初めの6月2日、私は上記のタイトルのブログ記事を書きました。記事の内容は、つい最近本にするつもりで書き上げた「育鵬社教科書盗作事件」の原稿の紹介でした。ところが6月7日に私のブログ管理人は、サーバーから次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南京事件の教科書記述

 前回「育鵬社・教科書盗作問題 (その壱) 」という記事をアップすると、政治問題だからであろうが、早速、次のようなトラックバックがあった。 「遂に南京虐殺を認めた藤岡信勝先生(自由社版教科書)」 http://group1984.blog119.fc2.com/blog-entry-62.html  このブログは一読して明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育鵬社・教科書盗作問題 (その壱)

 自分は新しい歴史教科書を作る会の会員ではないから、つくる会分裂から、今回「えんだんじ」氏が問題にされている盗作問題にいたるまでの経緯については、氏のブログで知るのみであり、本来なら公正な批判をするだけの知識がない。  しかし、保守の歴史教科書運動は、自分が歴史というものに開眼するきっかけを作ってくれた運動であり、また現在だけでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「なぜ法的に戦わねばならないのか」(「えんだんじのブログ」より転載)

 最近、いわゆる「保守」に対する批判を書いているが、次の転載記事は、以前転載した西尾幹二氏の保守批判同様、保守の内部から発せられた保守批判といってよく、共感するところが多いので転載させていただくことにした。   「なぜ法的に戦わねばならないのか」  育鵬社の盗作に対して、「つくる会」内部では、盗作を法的に訴えるかどうか大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅い英雄・毛沢東と日中友好

「日中友好『世々代々に』毛沢東主席の孫が力説」 産経新聞 2012/03/10 18:39更新 (http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/549005/)  中国の故毛沢東主席の孫で、人民解放軍のシンクタンク軍事科学院副部長の毛新宇少将(42)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「南京の虚構を暴く!」 日本文化チャンネル桜 討論

 日本文化チャンネル桜の討論番組「南京の虚構を暴く!」は必見である。  南京事件、いわゆる南京大虐殺について自発的に調べてみようとせず、なんとなく、あれほど支那人やマスコミが騒ぐのだから、規模としてはともかく、何らかの事件はあったのだろう、と考えている人は、この討論番組を見れば、そういった考えが一気に吹き飛ぶであろう。  そして、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南京大虐殺 vs 通州大虐殺

『「大虐殺否定罪」を提案 中国全人代代表』 2012/03/10 20:40 「産経新聞」 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/549027/  中国の通信社、中国新聞社は10日までに、北京で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)に、代表の鄒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南京大虐殺のこと (追記)

例によって支那人のさかしらな作りごとの話。 嘘も百回言えば真実となる。 ヒトラーの言葉と思っていたが、出典は違ったようだ。 ヨーゼフ・ゲッベルス 「もしあなたが十分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう。嘘によって生じる政治的、経済的、軍事的な結果から人々を保護する国家を維持している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通州事件 〔「中国という現実を見ること」 (その二)〕

 支那人がはたして近代国家をつくりうるやすこぶる疑問にして、むしろわが国の治安維持のもとに、漢民族の自然的発展を期するをかれらのため幸福なるを確信する  満州事変を企画した石原莞爾の言である。  これが戦前の日本人のシナに対する基本的態度であった。  この考えは勝海舟や西郷南洲翁などの基本的態度と変わらない。  これら維…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more