テーマ:憲法

国体論者としての山陽…頼山陽 ② (「江戸期の学問の大河」 その十三)

 頼山陽の代表的二著作『日本外史』『日本政記』は後世に大きな影響を及ぼした。  維新回天に大きく貢献するのみならず、彼の国体観から導かれた統帥権の問題は日清、日露と続く、明治日本の軍事的成功に大きく貢献し、明治憲法に規定された統帥権理解・運用の前提知識となっていたし、これを忘れた昭和の指導者たちの「統帥権干犯」問題という混乱を引き起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名文家としての山陽…頼山陽 ① (「江戸期の学問の大河」 その十三)

老中を辞した松平定信は、白河藩の藩政に専念し、善政を行って領民に名君として慕われたが、文化九年(一八一二)、家督を長男に譲って、隠居生活に入ってからは、藩政を掌握しつつも、楽翁と称し、文芸を愛し、花鳥風月を楽しみながら悠々自適の生活を行っていた。  文政十年(一八二七)、六十八歳の時、ある文士の名声を耳にし て、その著作を求めた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more