テーマ:新型コロナウィルス

われわれを取り巻く状況に関するあまりに重大すぎる悪魔的発言

「将来的には人口削減の方法を見つけることが課題になってくるだろう。もちろん、我々は人を処刑したり収容所に送ったり、などという露骨なまねはできない。「そうすることが彼ら自身のためなんだ」と信じ込ませることで、上手に彼らを間引いていくことになる。そのために、何らかの事象、たとえば一部の人を標的にしたパンデミックを起こしたり、経済崩壊を起こし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今アメリカで起きている、われわれの運命を左右する出来事

トランプ大統領のスタッフ、リン・ウッド弁護士が「これは真実だから見て‼」と拡散しています。 衝撃の内容が語られていますが、おそらく真実とみてまず間違いないでしょう。 興味がある方は、バイデンの背後にいる連中がやろうとしていることについて、次の動画を見て、現実と照らし合わせて、想像してみてください。 デン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本本来の姿を取り戻そう

「奇跡」「奇妙な成功」と世界中が注目する、安倍首相が高らかに宣言した「日本モデル」の成功。  中国・韓国の顔色を窺って、これらの国からの入国者を止めなかったという、初動における致命的なミスを犯しながら(この点は親中派・親朝鮮派に牛耳られた政府による人災である)、感染者数・死亡者数の割合を比較してみれば、まだ予断を許さない状況とはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディープ・ステイトと凶暴化する中国 われわれ日本人に残された道

フランスの国際通信社【AFP】が5月18日付で、トランプ政権が「闇の政府(ディープ・ステイト)」の存在について言及したと伝えている。《追記①参照》  政権がポンぺオ国務長官の調査を行っていた国務省のスティーブ・リニック監察官を解任した理由は、彼がディープ・ステイトのメンバーであったからだ、というのだ。  筆者はこの「ディープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウィルス問題の本質とその深刻さ

政府の誤った対応も相まって、ますます不気味な感染拡大を見せる武漢ウィルス(新型コロナウィルス)問題は単なる健康問題ではありません。 既に、このウィルスは武漢の細菌研究所から漏れ出たものである、との報道がなされ、多くの欧米の学者がこれを支持しています。しかし、この細菌研究所の由来を知ると、この問題がもっと深刻なもので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more