テーマ:昭和天皇

本当の意味での日本の復興

 出典を明らかに出来ないが、昭和天皇は戦後日本の復興は250年かかるといわれたという。  戦後70年の今日、安倍首相が様々な牽制を受けながらようやく公表した談話を読むと、昭和天皇のご心配は決して杞憂ではなかった。そんな気にさせられる。  昭和天皇の御心を忖度するのは本来なら慎むべきことであるが、やはり重大な予言であることには変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和天皇の人間宣言!ではなくて、新日本建設の詔

遅ればせながら、加藤康男氏の『昭和天皇 七つの謎』を読んだ。 冒頭第一章は「『四方の海』は替え歌だった」で、巷間伝えられる御前会議における昭和天皇によって詠まれた明治天皇の御製が、実は替え歌だったとの説が、歴史学の基本に則って検証されている。  加藤氏によれば、明治天皇が日露戦争時に詠んだとされる御製「四方(よも)の海 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大嘗祭の山頂と裾野

大嘗祭についてずっと考えている。 知識は増え、理解は深まってきているはずなのに、知れば知るほど、謎は深まるばかりというのは一体どうしたことだろう。 樹海にでも迷い込んでしまったかのようだ。 頭上高いところに光は見えているのに、どの方向に向かえばそこに近づけるのかわからない。  かと言って、どの方向に向かえば出口――謎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和の日

 四月二十九日は「昭和の日」と呼ばれる祝日である。  この祝日の意義は、昭和天皇の御誕生日であるくらいのことは誰でも知っているが、過ぎ去りし昭和の御代を偲ぶ、くらいの意義しか、多くの人は感じていないのではないだろうか。  戦前、天皇の御誕生日は「天長節」として祝われた。  「天長節」の名は、天子の誕生日を意味し、『老子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儒学 ―― 最強の体系的政治イデオロギー

 「儒学は、人類がこれまで築いた、おそらく最強の体系的政治イデオロギーである。それは、孔子によって大成されて以後、他の諸思想潮流との抗争に徐々に勝利し、紀元前から二千年以上の永きにわたり、ほぼ一貫して、世界屈指の大帝国の正統思想として君臨した。そして、とりわけ近代に直接先立つ時期の東アジアにおいて、圧倒的な権威を持つ倫理哲学・政治哲学と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似非愛国者・河本大作 (その一)

 前回、昭和天皇が田中義一首相の上奏に際し、食言を責めた上で、辞職を促し、田中首相の弁明を拒絶されたことを批判した。  確かに、張作霖の暗殺が河本大作単独の犯行によるものだったのなら、弁明をお聴きになろうがなるまいが、結果は同じだったろう。  しかし、結果が同じであっても、やはり首相が弁明の機会を求めている以上は、拝謁をお認めに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和天皇の御反省

 秦氏の著作『昭和史の謎を追う』第二章「張作霖爆殺事件の真相」をよく読むと、その史料収集力には感心するが、その扱いのずさんなことにはあきれる思いがする。  何にでもくっつく理屈というものの性質が存分に発揮されているのだ。  要は屁理屈といいたいのだが、あらかじめ決まった結論に沿って、史料を選別し、その史料をなるべく多く並べ立て、そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本再生の詔

茲(ここ)に新年を迎ふ。  顧みれば明治天皇明治の初国是として五箇条の御誓文を下し給へり。  曰く、  一、広く会議を興し万機公論に決すべし  一、上下心を一にして盛に経綸を行ふべし  一、官武一途庶民に至る迄各其志を遂げ人心をして倦まざらしめんことを要す  一、旧来の陋習を破り天地の公道に基くべし  一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦の詔

朕(ちん)深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑(かんが)み、非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、茲(ここ)に忠良なる爾(なんじ)臣民に告ぐ。  朕は帝国政府をして、米英支蘇四国(アメリカ、イギリス、シナ、ソ連)に対し、其(そ)の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。  抑々(そもそも)、帝国臣民の康寧(こうねい・・・やすらか)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらを詠んだ昭和天皇の御製

 風さゆる 冬は過ぎて まちにまちし   八重桜咲く 春となりけり                  この歌は、昭和二十七年四月二十八日に、サンフランシスコ平和条約が発効して、日本が独立を回復したときに詠まれた御製です。  日本はそれまで旧連合国、現在の国連常任理事国の占領下にあり、言論は統制され、日本の伝統は本質的な危機にさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more