テーマ:八紘一宇

民族の神 ―ニーチェ―

 言うまでもないことだが、ある民族が滅びるとき、未来への信仰や自由への希望が永久に失われて行くのを感ずるとき、そして隷属が第一の利益として、隷属者の徳が自己保存の条件として、民族の意識に昇るようなとき、そういうときには、民族の神も変質しないわけにはいかない。神はいまや卑劣漢になる。臆病になり、控え目になり、「魂の平和」を、憎悪の中止を、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八紘一宇」とグローバリズム

 三原じゅん子氏が「八紘一宇」発言の真意を敷衍している。  東洋経済オンラインの四月五日付の記事「だから私は『八紘一宇』という言葉を使った」【http://toyokeizai.net/articles/-/65369】によれば、安倍首相の本音を叩く意図から出た発言であり、おそらくは首相の本音に近い内容だろう。  このような深く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾崎秀実の根っこ

尾崎の言う「八紘一宇」の内容についてもう少し。 「…私の考えでは、日本文化は前述のごとく、あくまで日本の国土に生れ国体そのものに深く結びついたものであって、これはあくまで日本民族だけに許された特典であると考えます。したがって我が日本文化は、これを地域的に拡散するのではなくして、日本民族、日本自体の内でますます内的にこれを深め、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むしろ被差別、被侵略国であった日本 尾崎秀実の「八紘一宇」 (四)

 今年で戦後七十年。  あの戦争の意義を正確に知らずに、戦勝国の言い分を安易に受け入れてペコペコ謝るばかりでは、英霊はもちろん、犠牲者の霊も浮かばれない。  自民党の高村正彦副総裁は三月下旬の訪米時にブリンケン国務副長官と会談し、慰安婦問題に関して「韓国とは法的にも政治的にも決着をつけたが、何度も蒸し返され、日韓関係が大切だと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は世界のアンパンマン

   以前『朝日新聞』に、『アンパンマン』の原作者で先年亡くなられたやなせたかし氏の戦争体験が掲載されていた。 (「やなせたかし」ウィキ解説;http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%AA%E3%81%9B%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%97) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侵略のスローガンではなかった「八紘一宇」  尾崎秀実の「八紘一宇」 (三)

尾崎は言う。 「ところが日本が決然立って英米を敵とし、たちまちにして東亜の諸地域から英米の勢力を破砕し去るにいたって、日本の前述のごとき理想は現実性を顕し来り、従来の日本の宣言が驚くべき魅力をもって東亜十億の民衆に呼びかけこれを招くこととなったのであります。・・・(中略)・・・  だが何よりも私にとって重大な意義ありと思われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他国侵略のスローガンというのは本当か 尾崎秀実の「八紘一宇」 (二) 

 戦後日本のぬるま湯に浸かってきた日本の共産主義者たちが、尾崎の転向文書とちゃんと向き合えずにきたのもむべなるかなという気がする。  三原じゅん子氏は「この言葉(八紘一宇)が、戦前の日本で、他国への侵略を正当化する原理やスローガンとして使われた」とのご理解(誤理解)を示しているが、支那問題の専門家を自負していた尾崎はどういってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾崎秀実の「八紘一宇」 (一)

「八紘一宇」という価値観を大切にしてきたと意外なことを告白した三原じゅん子氏と言えば、われわれの世代にとっては金八先生担任・三年B組の不良少女としてのイメージが強くこびりついていて、彼女のこの発言に関しては懐疑的にならざるを得ないのだが、金八先生の「贈る言葉」が効いたのであろうか。  ところで、戦前の日本における不良中の不良の一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八紘一宇」

 自民党所属の参議院議員・三原じゅん子氏が参議院予算委員における質疑の中で、「八紘一宇」という言葉を取り上げて、ネット上ではちょっとした話題になっている。  氏は質疑の中で麻生太郎財務相に対し、「八紘一宇の理念のもとに、世界が一つの家族のようにむつみあい、助け合えるような経済、税の仕組みを運用することを確認する崇高な政治的合意文書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more