米中の本格的激突へ!内乱に突入したアメリカ

本日6月4日は中国における民主化運動弾圧虐殺事件「天安門事件」が起きた日。一九八九年6月4日に中国共産党による、中国の民主化を求める国民に対する弾圧虐殺事件は起きた。

この日を前に、中国共産党は香港に対して、一国二制度の完全放棄を意味する「国家安全法」の制定を決議した。言わば香港の民主主義に対する死刑宣告のようなものである。

これに対し、アメリカのトランプ大統領は制裁を科すと宣言した。
この緊迫した情勢の中で、アメリカで暴動が起きたのである。

警官によるジョージ・フロイド氏殺害事件も不可解な点が多く、撮影が目の前でなされているにもかかわらず、同僚警官が脈がなくなっていると伝えてからも膝による抑え込みを数分続けたことなど、殺意があったとしか思われず、もっと言えば最初から殺すつもりであったのではないか、そんな疑惑が持ち上がってくる。報道によれば、加害者と被害者は顔見知りであったとの話もあり、単なる警官による黒人差別問題で片づけられない気がする。

ミネアポリス 警官.jpg
〈偽装警官であったという疑惑が浮上している。確かにバッジがない!法執政官?しかも写真右、同僚のタオ氏は中国系?〉


 既に、映像などで明らかになっているが、トランプ大統領がテロ組織に指定した黒装束の組織「ANTIFA」(アンチファシズムの略)が暴動を煽っていたり、中国人グループが煽っていたりするところなど、組織的に計画された事件であることは明らかだ。

https://twitter.com/i/status/1267515702652678144
「Anarchists ,we see you!」(トランプ大統領のツイッターより)
お金を渡す瞬間もカメラには映っている。

https://twitter.com/i/status/1267462143512731648
(中国語で「早く、行け、行け!」と叫ぶ暴徒)

もはや内乱状態である。

https://twitter.com/i/status/1267424293480103937
(6月1日のワシントンの映像)

 前者に関しては、黒装束の男たちが店や白人を襲い、頑丈な高級車で乗り付けて略奪を働く映像がツイッターなどで上げられているし、後者に関してはサンタモニカでアンチファの中国人グループが逮捕された映像もある。


https://twitter.com/i/status/1267635184838590465

この「アンテファ」なるテロ組織はイスラム国と提携していて、日本では共産党の小池氏や立憲民主党の議員と関係があり、フロイドさん殺害事件の数日後、今度は渋谷で高級外車に乗ったクルド人が警察の職務質問から逃走しようとして取り押さえられ、同乗していた仲間がこれを撮影していたが、これに気付いた警官が容疑者を解放し、大事に至らなかった。

https://twitter.com/i/status/1266930384131899393

クルド人.jpg

 後に、くだんのクルド人とも、「アンティファ」ともお仲間の有田芳生議員の問い合わせにより、制限速度を超えてパトカーを追い越したこと、免許不所持であったことが明らかになっている。つまり、警察の対処は法的にも政治的にも適正であったわけだ。

 それ以上に、日本でも彼ら「アンチファ」が外国勢力を引き入れて、暴動を起こす危険がある事を十分認識しておかなければならない。彼らがアイヌ協会と提携していることもすでに判明しており、つまり北朝鮮の体制イデオロギーである主体(チュチェ)思想研究会、琉球独立運動、そしてその背後に中国共産党がいることになり、日本にとって深刻な脅威だ。


アンチファ シンボル.jpg

アンチファ テロ組織.jpg
(イスラム国)

アイヌ協会 アンティファ.jpg
(アイヌ協会のイベント)

アンチファ 関係議員.jpg
(アンチファのTシャツを着て演説する共産党・小池晃議員)

アンチファ 関連議員②.jpg
(左から吉良よし子【日本共産党】辛淑玉【のりこえねっと】有田芳生【立憲民主党】)

アンチファ 立憲石井大我.jpg
(デモに参加する石川大我議員)

怪しいクルド人.jpg
(クルド人のリーダー格の人物と立憲民主党議員の記念撮影)

アメリカにおける暴動、いやほとんど内乱に対して、トランプ大統領が軍による鎮圧を言っているのは、こういった事情を知っているからで、既に米中両国は実質的に戦争状態なのである。もはや後戻りは出来まい。

トランプ大統領にとってさらに深刻なのは、いわゆるディープ・ステイトがこれを後押ししているからである。すでに民主党、延いては彼らの広告塔である歌姫テイラー・スウィフトが次の大統領選でトランプを落選させると公言しているが、芸能人を使った反政府キャンペーンでは彼らこそ本家本元である。

彼らの手先であった前大統領バラク・オバマも暴動を平和的なプロテストだとして支持しているが、娘マリアが、5月31日のアンチファの会議に出席した時の写真が暴露されている。

マリア・オバマ アンチファ会議.jpg

https://twitter.com/i/status/1267818186872721408

先の「アンチファ」に資金を提供しているのは、有名な投資家で、移民を押し掛けさせ、EUやアメリカを移民問題で揺さぶってきたジョージ・ソロスだ。「アメリカを破壊すること。これが私の人生の集大成になるだろう」ととんでもない発言をしているこの人物は、2017年に他界したデイヴィッド・ロックフェラー3世の隠し子とも言われている。

デイヴィッド・ロックフェラージョージ・ソロス .jpg
〈百聞は一見に如かず。左がデイヴィッド・ロックフェラー三世、右がジョージ・ソロス〉

https://twitter.com/i/status/1267210568437362690
テロバイト募集の実態!

ロイターやAFPなどのロスチャイルド系の報道機関も、中立公正を装いながら、トランプに対する批判を含ませており、武漢ウィルス禍→米中激突を機に「名前を言ってはいけないあの人たち」はいよいよトランプ降ろしを本格化させたと思われる。

もとより黒人差別は断じて許されるべきではない。
しかし、これを批判するだけで思考停止していては、自己の善意を満足させるだけで、偽善で終わってしまう。
そもそも黒人差別の原因を作り、これを維持し、今回これを政治的に利用している真犯人を突き止めなければ、問題は永遠に解決しない。


https://twitter.com/i/status/1267365483092668416
上の映像のような黒人の葛藤や苦しみを利用しようとしている輩がいるのだ。

 もちろん黒人差別の激しい中国共産党も、また国防動員法によりこれに従う中国人も、共犯者ではあろう。
 しかし、そもそもアフリカの黒人をアメリカ大陸に送り込んで、奴隷貿易で儲けたのは誰か、次に彼らを酷使して手に入れた資源で儲けたのは誰か、そして今回、黒人の白人支配に対する不満を自己の政治目的に利用しているのは誰か、それを追究しなければ世界に決して平和は訪れない。

 その犯人は次のことに象徴的に表れている。
 アメリカ大陸を発見したとされ、スペインの宗教裁判で偽装キリスト教徒として、スペイン国籍のまま追放されたセファルディー系ユダヤ人を大量にここに移住させた、誰もが知るコンキスタドール、クリストファー・コロンブス。一説にはユダヤ人であったとされる。
 アメリカ合衆国の首都はワシントンD.C.だが、これはコロンビア特別区を意味する。コロンビアとはコロンブスの国を意味する合衆国の雅称である。日本で言えば敷島や大八洲や瑞穂の国など、その国の由来を表す雅称である。
 建立にフリーメーソンが深く関与したニューヨークの自由の女神像は、片足に足かせがはめられ、鎖で台座に縛りつけられているが、ここワシントンDCの紋章では、冠を外し、鎖を解き放たれて完全に自由になった女神の姿を見ることができる。

自由の女神 足枷.png

ワシントンDC 紋章.png

 ここに居座り、自由を満喫してきた人々にとって、アメリカの政治を国民の手に取り戻そうとするトランプ大統領は邪魔ものである。来る大統領選挙で、これらの闇の支配者を支持する世界市民が勝つか、それともアメリカン・ファーストを支持する国民が勝つか、今後のアメリカのあり方を左右する熾烈な戦いとなるであろう。

そして、これは将来の日本の姿であり、中国のサイレント・インヴェンションが完成し、今や暴発の脅威に直面している、脆弱な日本の在り方を決定的に左右する大事件であると肝に銘じておくべきである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年06月06日 17:04
最近は「ANTIFA」なるワケの分からない反社会的団体が登場しましたね。
まあ結局の所、黒幕は一緒なんでしょうけど。


それで、

>>>すでに民主党、延いては彼らの広告塔である歌姫テイラー・スウィフトが次の大統領選でトランプを落選させると公言しているが、芸能人を使った反政府キャンペーンでは彼らこそ本家本元である。<<<

これなんですけど、3、4年位前にトランプが大統領に決まる直前にも、ハリウッドの人気芸能人たちを動員して、反トランプ運動を盛り上げてましたね。

最近もTwitterとかで有名芸能人たちが安倍政権のやる事に、的外れな難癖を付けまくってましたが。
民主党政権時には一切やらなかったくせして・・・・


こういう事はあんまり言いたくないですけど、どうやら国を問わず芸能界というのは、いわゆる「河原乞食」体質があるようで・・・・・
「不勉強な芸能人が政治問題・社会問題等に、中途半端に首突っ込むな」と言いたいです。
哲舟
2020年06月07日 18:35
芸能人は、所詮人気商売で虚業でしかありませんから…。

「アンチファ」は日本でも外国人を使って分断しようとしています。
 中国の工作、国防動員法による中国人の暴動とも連動していきそうで、ジョージ・ソロスの策動は非常に危険だと思います。