習近平・中華人民共和国 国家主席の来日反対署名のご協力のお願い

来春、桜の咲く頃、中華人民共和国の習近平国家主席が国賓として来日します。

理由は後で述べますが、来日反対の署名活動に参加しているので、ぜひ読者の皆様にもご協力お願い申し上げます。

署名は次のホームページから直接電子署名か、用紙をダウンロード、プリントアウトして、署名後これを郵送するかのいずれかになります。

「国守衆」ホームページ https://kunimorishu.jp/

情報は厳重に守られるとのことですので、賛同される方は出来るだけ多くの署名を集めて、このところ腰砕けになっている安倍首相に国民の強い反対の意志を伝えましょう。

さて、反対の根拠ですが、日本文化チャンネル桜の水島社長が動画で述べている通りです。



付け加えれば、現在の中国を取り巻く政治状況が三十年前の天安門事件後のそれに非常に似ていることです。
当時西欧諸国は燃え盛る民主化運動を弾圧し、多くの人民を虐殺した中華人民共和国に経済制裁を行いました。
 ところが、中華人民共和国政府の要請を受けた、時の宮沢内閣が昭和天皇の訪中を推進し、実現させたことによって、制裁の一角が崩れ、中国共産党政権は息を吹き返したのです。もちろん背後にはアメリカの承認があったわけですが、もっと言えばアメリカを牛耳るいわゆるディープ・ステイト、国際金融資本家たちがそのように図ったという事であったでしょう。彼らは米ソ冷戦構造の崩壊後、米中冷戦構造を画策し、中国をアメリカの対抗勢力として育てるつもりだったのです。
 もちろん彼らは中国にアメリカを凌駕させるつもりなどなく、冷戦構造が持続すればそれでよいのですが、事もあろうに、習近平は中華帝国の覇権を唱えてそれに反旗を翻したのです。二〇一七年の事です。その直前には、ディープ・ステイトの重鎮、アメリカの帝王デイヴィッド・ロックフェラーがこの世を去っていますから、その影響かもしれません。反中を唱えるアンチ・グローバリスト、トランプ大統領が大統領選を制し、アメリカ議会は民主党を中心に大統領以上の対中強硬路線に転じました。
 香港市民の激しいデモは中国共産党支配に対する必死の抵抗ですが、これを資金を出して組織化し、指導しているのは恐らく、この地を長く植民地支配してきた、ロスチャイルド家を中心とするイギリスの国際金融資本家たちです。彼らの意を体したイギリスの諜報機関МI6(007シリーズで有名な)やアメリカの諜報機関CIAなどが暗躍しているのです。
 彼らは中国共産党による香港の金融完全支配にノーを突きつけている。

 その中での日本の安倍政権の不可思議な親中政策です。

 安倍首相とトランプ大統領のかつての意気投合ぶりを考えるとますます不可思議に思えてきますが、自民党がずぶずぶの親中派に支配されていて、また安倍首相自身がディープ・ステイトの言いなりになっている現状を考えると謎は解けます。 

 いま米中貿易戦争たけなわであり、西欧諸国もそれに倣っていますが、ディープ・ステイトは中国共産党育ての親(ソ連)の親であり、中華人民共和国建国の後ろ盾となった経緯もあり、必ずしも反中ではありません。共産党政権を打倒せずとも、党首をすげ替えるか、習近平が態度を改めて、元通り彼らの言いなりになればそれで元の鞘に収まるかもしれないのです。

 現に今年十一月十一日の日本経済新聞に、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」で知られるアメリカのユダヤ人学者エズラ・ボーゲル(ハーバード大学名誉教授)が「反中は米国の総意ではない」との声明を出しています。彼の背後にいるユダヤ勢力は、習近平国家主席の国賓としての来日、その返礼としての天皇陛下訪中によって、あの天安門事件の時のように、対中融和政策への転換を図ろうとしているのかもしれません。

 このことは日本にとって大変重要です。
 中国が経済的に復活し、再び勢力拡大に乗り出すなら、現在の香港における騒擾は近未来の日本の姿になるかもしれないのです。彼らが逼塞している現在ですら、尖閣諸島は彼らに実効支配され、日本人は近づくことさえできなくなっています。また、沖縄は琉球王国独立工作、北海道は今年四月に成立し施行された「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律」を梃子にして独立工作が進められています。これらを推し進めている主体は北朝鮮人民共和国のイデオロギーである主体(チュチェ)思想の研究会で、その指導者の一人がアイヌ協会の幹部を務めています。
 しかし、それらの背後にいるのは恐らく中国でしょう。すでに北海道の10分の一に匹敵する面積の土地(静岡県の面積とほぼ同じ)が中国系資本に買収されているといいます。これは彼らの一帯一路構想の東の起点が北海道に定められているからです。

 つまり、地方主権、独立政府の構想は、日本の分断工作に他ならないのです。さらに日本の中央政府が五十年以上にわたる中国共産党の工作により(参照;「日本解放第二期工作要綱」https://saigou.at.webry.info/201105/article_6.html?1576806375)、支配されている現状は、現在の香港の姿は近い未来の日本の姿であることを表しています。

 われわれはそれを阻止すべく、その布石として、まずは習近平国家主席の国賓としての来日を阻止しなければならないのです。

いわゆるナチスのホロコーストがかすむほどの虐殺をウィグルやチベットなどの自国民に遂行してきた中国共産党の指導者を国賓として招き、大嘗祭を終えたばかりで天照大御神と一体になられたばかりの新帝陛下主催の晩餐会でもてなしていただく事になるのです。令和の御代をはじめから穢す天皇陛下の最悪の政治利用と言っていいでしょう。

 ご協力をお願い申し上げます。

【中国共産党による解放の実態】

中国共産党のホロコーストを暴いている次の動画を紹介しておきます。

日本文化チャンネル桜【Front Japan 桜】 それでも習近平を国賓で招きますか? 他[桜R1/12/19]

ちょうど30分のところからの映像をご覧ください。

残酷でショッキングな映像ですが、これが彼らの実態であり、現在進行形で行われていることです。





日本が彼らに支配されれば、反日教育を徹底して行ってきた以上は遅かれ早かれこうなるでしょう。

政治家を含む日本の中枢がこの体たらくでは、国民が起ち上がるしかありません。
習近平の国賓としての来日阻止はその第一歩となるものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月16日 19:26
さて、私も反対の署名をしましたが、結果はどうなるやら・・・・

これがキッカケで思い出したのですが、過去にヤフーブログで、以下の長歌を詠みました。
支那に対する批判を込めて、『天(あめ)が下(した)に寇(あだ)する漢國(からくに)に憤(いきどお)りて詠む長歌』というタイトルにしましたが。

長歌形式ですから、「五・七・五・七・五・七・・・・」と五音と七音を交互に繰り返し、末尾を「・・・・五・七・七」と七音を立て続けに二度繰り返して締め括ります。
まあ出来栄えはともかく(^^;)、以下の通りに詠んでみました。



≪長歌原文(平仮名表記)≫

ひとあしき からくにのさま はなはだし ほしいままなる わろしさま
いつのよにても かはらぬか たかきひくきの あいだには したしみもなく
まことなく はらをあかさず にくみあふ いにしへのよに しめされし
おしへまもりし ものもゐず さもしきはかり めぐらして ととのひわせず
やすんぜず あらまほしきよ とほざかる ななそぢちかく としかさね
たへてあやまち かへりみず よもにあだなし つくろふは いつしかむくひ
うけしとき おとずれしひの などてとほきや



≪長歌原文(漢字混じり表記)≫

人悪(あ)しき 漢國(からくに)の様 甚だし 放縦(ほしいまま)なる 悪(わ)ろし様 何時(いつ)の世にても 変はらぬ乎(かわらぬか)

貴(たか)き賤(ひく)きの 間には 親しみもなく 誠なく 肚(はら)を明かさず 悪み合ふ(にくみあう)

古(いにしえ)の世に 示されし 教へ(おしえ)守りし 者もゐ(い)ず

さもしき謀り 廻らして 調ひ(ととのい)和せず 靖(やす)んぜず あらまほしき世 遠離(とおざか)る

七十(ななそじ)近く 載(とし)重ね 絶へて(たえて)過ち 省(かえり)みず

四方(よも)に讎(あだ)為し 繕ふ(つくろう)は 何時しか報ひ(むくい) 受けし時 訪れし日の などて遠き耶(や)



≪長歌の現代語訳≫

支那の人間の質の悪さは甚だしいものがある。恣(ほしいまま)に振る舞う醜悪な有り様は、いつの時代でも変わらないものだなあ。

地位が上位にある者たちと、下位にある者たちとの間には、御互いに親近感や誠実さがなく、決して腹を割って、本心を明かす事もないまま憎しみ合っている。

古代の聖賢が垂れた教えを守り、実践している者など誰もいない。

さもしく姑息な策ばかりを廻らし、決して調和する事なく、世を安寧にしようとしないから、理想的な社会は遠ざかって行くばかり。

(共産党政府が誕生してから)七十年近くもの歳月を重ねながら、今尚過ちを全く反省する事もない。

あまつさえ、周辺諸国にまで害を及ぼす行為を繰り返し、自身の非を取り繕い、ごまかそうとするようでは、いつの日か重ねた罪の報いを受ける時がやって来るのも、どうして遠い未来の事であろうか?



以上、御粗末様でした。<(_ _)>
哲舟
2020年01月17日 07:47
コメントありがとうございます。

そして、あらためてご署名、ご協力ありがとうございました。

来日阻止できるかわかりませんが、国民としての意思表明をすること、そして行動することが大事だと思いました。

結構、通行人は聞いているのですね、署名活動をして声を張り上げていると。

それでも署名に至らない人がほとんどですが、中国支配の実態を見ている香港や台湾の旅行者が署名してくれる割合が多く、逆に日本人の平和ボケ振りにもどかしさを覚えるくらいです。

>ZODIAC12さん
>
>さて、私も反対の署名をしましたが、結果はどうなるやら・・・・
>
>これがキッカケで思い出したのですが、過去にヤフーブログで、以下の長歌を詠みました。
>支那に対する批判を込めて、『天(あめ)が下(した)に寇(あだ)する漢國(からくに)に憤(いきどお)りて詠む長歌』というタイトルにしましたが。
>
>長歌形式ですから、「五・七・五・七・五・七・・・・」と五音と七音を交互に繰り返し、末尾を「・・・・五・七・七」と七音を立て続けに二度繰り返して締め括ります。
>まあ出来栄えはともかく(^^;)、以下の通りに詠んでみました。
>
>
>
>≪長歌原文(平仮名表記)≫
>
>ひとあしき からくにのさま はなはだし ほしいままなる わろしさま
>いつのよにても かはらぬか たかきひくきの あいだには したしみもなく
>まことなく はらをあかさず にくみあふ いにしへのよに しめされし
>おしへまもりし ものもゐず さもしきはかり めぐらして ととのひわせず
>やすんぜず あらまほしきよ とほざかる ななそぢちかく としかさね
>たへてあやまち かへりみず よもにあだなし つくろふは いつしかむくひ
>うけしとき おとずれしひの などてとほきや
>
>
>
>≪長歌原文(漢字混じり表記)≫
>
>人悪(あ)しき 漢國(からくに)の様 甚だし 放縦(ほしいまま)なる 悪(わ)ろし様 何時(いつ)の世にても 変はらぬ乎(かわらぬか)
>
>貴(たか)き賤(ひく)きの 間には 親しみもなく 誠なく 肚(はら)を明かさず 悪み合ふ(にくみあう)
>
>古(いにしえ)の世に 示されし 教へ(おしえ)守りし 者もゐ(い)ず
>
>さもしき謀り 廻らして 調ひ(ととのい)和せず 靖(やす)んぜず あらまほしき世 遠離(とおざか)る
>
>七十(ななそじ)近く 載(とし)重ね 絶へて(たえて)過ち 省(かえり)みず
>
>四方(よも)に讎(あだ)為し 繕ふ(つくろう)は 何時しか報ひ(むくい) 受けし時 訪れし日の などて遠き耶(や)
>
>
>
>≪長歌の現代語訳≫
>
>支那の人間の質の悪さは甚だしいものがある。恣(ほしいまま)に振る舞う醜悪な有り様は、いつの時代でも変わらないものだなあ。
>
>地位が上位にある者たちと、下位にある者たちとの間には、御互いに親近感や誠実さがなく、決して腹を割って、本心を明かす事もないまま憎しみ合っている。
>
>古代の聖賢が垂れた教えを守り、実践している者など誰もいない。
>
>さもしく姑息な策ばかりを廻らし、決して調和する事なく、世を安寧にしようとしないから、理想的な社会は遠ざかって行くばかり。
>
>(共産党政府が誕生してから)七十年近くもの歳月を重ねながら、今尚過ちを全く反省する事もない。
>
>あまつさえ、周辺諸国にまで害を及ぼす行為を繰り返し、自身の非を取り繕い、ごまかそうとするようでは、いつの日か重ねた罪の報いを受ける時がやって来るのも、どうして遠い未来の事であろうか?
>
>
>
>以上、御粗末様でした。<(_ _)>
2020年03月05日 16:42
たった今、速報が入りました。

新型コロナウイルス(武漢肺炎)の影響で、習近平の国賓招待を延期する事に決定したと。
改めての国賓招待は、早くとも今年秋以降になるとかの、外務省からの公式発表がありました。


何だか突然神風が吹いたみたいで・・・・
これも安倍総理の強運の他、稲垣さんたちを始めとした活動の熱意に、八百万の神々が聞き届け、応えて下さったのでしょうか???

何はともあれ、一先ずは時間稼ぎが出来たみたいですが、あるいは習の国賓来日を果たせないまま、共産支那は崩壊するかも???
哲舟
2020年03月06日 12:55
ありがとうございます。

経緯については青山繁晴氏のブログにある通りで、安倍首相がイニシアティブを発揮されたようです。
2020年04月29日 20:22
さて、再びここへ来ました。


別ブログでの御話ですと、どうやら國體思想や歴史認識に関しては、御互いにほぼ完全に一致するのに、こと時事的な政治・政局の問題に関しては、どうも意見が分かれるようです。

私は政治運動とかに一切関与していないので、稲垣さんには見えている事も、私には見えていないだけなのかも知れませんから、これは仕方のない事なのかと。
なので危機意識、見解、評価等に色々と温度差があるとしても、決して稲垣さんの活動や志を否定したい訳ではないと、殊更言うまでもないだろうとは思いますが、その事だけは明言しておきます。

それでは稲垣さんが賛同してくれない事を承知の上で、私の思ってる事を正直に言いますが。
例え結果的に稲垣さんの気分を害してしまったとしても、腹にもない事を言って、本心を偽りたくはありませんので。

とは言っても念の為に言いますと、決してこの記事論旨を全面的に否定する訳ではありません。
ですので例え何かと噛み合わないとしても、どうか不快にならないで頂きたいのですが。
ただ私が知り得た情報だと、違った側面が見えて来るという事であって、稲垣さんが賛同して頂けないのは、それはそれで是非もないかと。



さて、先日稲垣さんは別の所で、私にこう言われました。


>>>危機管理や安全保障の問題は証拠がはっきり示されて、一般国民が納得できるようになってからでは基本的に遅いのです。<<<


稲垣さんの発言の意図とは違うのですが、これは以下に示す可能性があるので、習近平の国賓来日を完全中止とまで明言出来ないのではないか?という事です。
稲垣さんは恐らく否定されるかと思いますが・・・・


【なぜ安倍首相は中共に忖度せざるを得ないのか?】
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473772742.html

👆を御覧になれば、何故習なんぞに遠慮しているのか?の疑問も、得心が行きます。
無論上記は相手の推論であって、確証がある訳ではありませんが、私は案外これが真相のような気がします。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
≪一部抜粋開始≫

コロナウイルスのターゲットは、習近平政権打倒だけでなく、東京オリンピックの可能性もある。
日本政府が、中国人旅行者一律入国拒否すれば、習近平来日取り止め、中共はそれを口実にオリンピック不参加とするだけでなく、ありとあらゆる手段を使ってコロナウイルスを日本に拡散する手筈になっているかもしれない。

これに対し、政権幹部は、習近平を裏切らせないために国賓来日予定であると公言し続けている。
さらに、明らかにコロナウイルス拡散危惧されている中で、中国全土からの旅行者入国拒否についてはいたって消極的である。

なぜ政権がそういう対応を選択せざるを得ないのか?
国内には、中共国防動員法で動員可能な在日中国人が百万人居て、彼らが命令によって日本の中枢に対しコロナウイルス等の拡散活動を行えることを知れば、安倍首相とて中共に忖度している如く振舞わざるを得なくなる。

中共が、武漢発のコロナウイルスを生物化学兵器として転用?しようと考えたらどうなるのか、ということなのである。

≪一部抜粋終了≫
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



上記抜粋箇所にもありますように、日本国内に既に居着いている大多数の在日支那人が、突如細菌テロ要員に早変わりする可能性が十分に考えられるからです。
すなわち我々のようにそういった攻撃に対して、何の防御手段も持たない大勢の国民が、中共によって半ば人質にされてるも同然だという事になります。

それを考えれば政権当局者としては、例え国内からの批判を激しく浴びようとも、世間一般からの大向こう受けを狙って、軽々しく強気な姿勢に打って出る事は、固く戒めねばならないのかと。
これこそ正しく国防・国家安全保障の次元の問題ですから。

仮に「そんなの実際にやって見なけりゃ分からんじゃないか」と言わんばかりに、一か八かの博奕を打ち、その結果そういう事態になる事もなく、習の国賓来日計画を完全に潰す事に成功したと仮定します。
そのように上手い具合に事が運んだとしたら、

「ほれ見ろ!やっぱり決断して正解だったじゃないか!安倍は何をビビッてたんだ!まったく、腰抜けもいいトコじゃないか!」

などと言えるでしょうか?そのような事、決して言えないと思いますが。
例え無事な結果に終わったとしても、それは単なる結果論に過ぎません。
国内の支那人たちから細菌テロ攻撃を仕掛けられる可能性は、十分に考えられるのですから、そのような批難自体が御門違いもいい所だと思います。



以上の事が前出の、「危機管理や安全保障の問題は証拠がはっきり示されて、一般国民が納得できるようになってからでは基本的に遅い」という稲垣さんの言葉を、私のここで引き合いに出した意図です。
稲垣さんの言いたい意図とは多分違っているかと思いますが、ここでは、

「日本国内にいる支那人たちがそんな真似するなんて、妄想もいい所だろ!実際そんな事があり得るってんなら、ちゃんとした証拠を出せよ!無駄に不安を煽るな!」

という類の批難に対する反論にもなります。

果たして一般国民が納得してない以上、明確な証拠がない以上、国賓来日など何が何でも直ちに取り止めろと、政府に対してどこまでも強硬に言えるでしょうか?
強行したは良いが、その結果多くの国民の生命を危険に晒し、恐れていた最悪の事態が避けられなかったでは、政府はこれまた「無責任」の謗りを免れないでしょう。

既に言いましたように、私も国賓来日など実現して欲しくはないです。
ですがこれらの事を、一切考えずとも良いのか?とも思うのです。



稲垣さんにとってはやはり面白くない話だとは思いますが、以上の話が私が思っている正直な所です。
哲舟
2020年04月30日 06:44
ZODIAC12さん

ご意見ありがとうございます。

率直なご意見はありがたいです。そうでなければ建設的な議論にはなりませんから。

気分を害しているわけではなく、あまりにも多くの議論をしなければ認識を共有する事は出来ないので、今の自分にはそれをする余裕がないので、もどかしく思っているだけです。

安倍首相の立場は理解しているつもりです。菅官房長官、二階幹事長、岸田政調会長、次期首相候補とも言われる石破、連立を組む公明党。皆親中派、というより中国従属派です。

そして麻生副首相兼財務大臣はロスチャイルドの一族。

さらに、中国にのめり込んできて、その上さらにのめり込むという愚行を犯している経団連と12万5千人とも言われる、実質的に人質にされている邦人。

ロスチャイルドとも関係の深いトランプ大統領との良好であった関係を利用するという手があるにもかかわらず、それを活用しない首相。

レフトまでウィングを広げ取り込むと言った安倍首相は逆に取り込まれてしまって、ついに日本を取り戻す事は出来ないのです。

もう十分、立場を理解する努力はしてきました。これ以上の忖度は現状肯定にしかならず、貴方と一致しているはずのその國體が守れないのです。

それと習近平が日中貿易摩擦の真っ最中という苦境の中にあって、自国内でウィルスをばらまいて、さらに苦境に追い込むということはあり得ません。ご指摘されている通り、日本にいる中国人を使って、日本でばらまけば済むことです。

感染発覚後の習近平政権の対応ぶりを見れば、それが意図せぬ事であったことは明らかです。

それと国際政治でおいてイニシアティヴを握っている一番強いプレイヤーは国際金融資本勢力です。アメリカも中国もその一齣に過ぎず、中国は彼らに逆らったから制裁を受けている。日本はプレイヤーではありません。残念ながら…。

この記事へのトラックバック