ゆず「ガイコクジンノトモダチ」

 若者に人気のフォークデュオ【ゆず】の新曲「ガイコクジンノトモダチ」がネット上で話題になっているらしい。

 実際聴いて見ると、右とか左とかいう以前の、日本人としての素朴な疑問、自然な感情を歌った内容で、変なイデオロギーに染まっていない限り、楽しめる明るい楽曲です。

 すぐ消去されるかもしれませんが…



ゆず「ガイコクジンノトモダチ」歌詞 【http://j-lyric.net/artist/a000614/l045c95.html

 筆者はまた少し違った経緯から、日本というものに、ひいては日本の歴史というものに興味を持ち、考えるようになりましたが、この曲に歌われている内容にも素直に共感できるところがあります。
 この曲を多くの若者が支持し、共感の和が広まるようなら、この素朴な疑問、自然な感情を種にして、正しい知識と愛情・信頼によって、それを大事に育てていくことで日本の未来に明るい展望が開けてくるでしょう。

 その前に、再来年のオリンピックに前後して活発化するであろう、ナチスドイツ以上に強力な反日ファシズム政党である中国共産党の日本侵略をどう切り抜けていくかが問題です。

 財務省の失態に過ぎないスキャンダルを何とか安倍内閣の倒閣に持ち込もうとしている政党政治家やマスメディアは、確信犯か、無意識かは別として、彼らの手先と見なしていいでしょう。確信犯はリベラルと称する無意識で無自覚な間抜けを利用するのです。
 その点、財務省の財政政策もそうですが、今上陛下の譲位をめぐる宮内庁の対応も、またマスメディアの対応も、中国共産党に利するものが多く、きな臭いものを感じます。
 中国共産党は「戦わずして敵の兵を屈する」を上策(『孫子』)として情報戦を仕掛けてきています。彼らに取り込まれている日本のマスメディアが発するフェイク・ニュースには十分気を付けなければなりません。
 
 安倍首相の政策に批判すべきところがあるとしても、ポスト阿部に色気を出している政治家の顔ぶれを見ると、皆、中国共産党が喜びそうな連中ばかりなのです。

 今日、安倍首相が訪米を終えたばかりですが、トランプ米大統領の東アジア政策における顧問のような関係性を築いている安倍首相の助言により、アメリカの東アジア政策は、オバマ時代とはうって変わり、日本にとって、アメリカにとって、しっかりとした方向に向かっていて、ひとまず挑発的で強硬だった北朝鮮の金正恩の姿勢は平昌五輪の頃を境に軟化しました。彼が近頃、北京に赴き、彼が大嫌いな中華皇帝習近平に屈従したのはその表れです。

 チベットやウィグルでナチスのホロコースト以上の弾圧をしてきた中国共産党。

 言論の自由もなく、年々増加していく軍事費以上のカネを、党への不満から毎年数十万件発生する暴動を抑え、国民を統制するための警察費につぎ込んでいる中国共産党。

 人権を敵視し、言論の自由を許さない中国共産党。

 それどころか、「档案」という個人情報リストと「国防動員法」という総動員法によって、国民を意のままに操ろうとする中国共産党。

 その中国共産党が五十年前から着々と進めてきた「日本人民解放」という名の日本侵略計画は今や、熟した果実が自然に落ちるその直前まで来ているように感じられて仕方ありません。

 国民をだまし日本の経済成長をここ20年間停滞させてきた、傲慢な低能エリート集団である財務省の不祥事はとことん追及され、出来ることなら権力を分散し、日本経済を立て直す必要がありますが、それは安倍首相の不祥事ではありませんし、そもそも森友・加計学園問題のような、そのような詰まらない問題と、中国による日本侵略問題を秤にかけることすら間違っています。
 これは憲法改正のことを言っています。
 これら官僚の不祥事追及は憲法改正審議阻止のための情報戦として利用されているに過ぎないのです。
 
 
 もちろん、中国共産党は反日にして、反靖国です。

 われわれは【ゆず】の歌にあるように、日本文化を愛し、靖国の桜を共に美しく眺め、共に祈ってくれる外国人とは友人としてうまくやっていけるでしょう。そういった友人は貴重です。

 そのためにはわれわれの側でも、靖国神社のみならず日本の事をよく知り(少なくとも外国人以上には)、これを大事に思える心性と、日本を表象する桜をこよなく愛せる感性を育てていくべきでしょう。

 平和な日本 チャチャチャ

 美しい日本 チャチャチャ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック