西郷隆盛

アクセスカウンタ

zoom RSS 天下人の真髄

<<   作成日時 : 2018/02/03 16:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 ここ数回にわたって、『十人の侍』上巻の核となる織田信長・豊臣秀吉・徳川家康論の土台となった論考を再掲載してきました。

 本論の方はここから一歩二歩踏み込んだ内容になっているので、そのもとになった論考で躓くようなら、本論に進んで、彼ら、日本の近代化の始点に立つ三英雄に関する新しい認識を得ることはできないでしょう。

 新しい認識といっても、これまで明らかにされてこなかった彼らの思想・信仰の核心部分を明らかにしたという意味で「新しい」ということであって、ことさら新しい見解を述べたくて、つまり奇を衒ったわけではなく、彼ら天下人の精神にあったものを、彼らの言動や事跡からじっくり考えてみたらそのような結論に立ち至った、ということです。

 つまり、「温故知新」あるいは「述べて作らず」ということですが、ワインに例えるなら、ボージョレーヌヴォ―と年代物の十分熟成したワインの違いといえば分かりやすいでしょうか。

 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも興味深い記事を拝見しております、貴ブログの読者の一人です。
2つほど明治維新に関する質問をしてもよろしいでしょうか?

1・水戸学は明治維新後政府に禁止されたように、革命を呼び起こす危険な思想であり学ぶべきではない、或いは排除するべきである。
2・幕末の幕府は公武合体に動いていたことから、長州、薩摩の倒幕は不必要だった(倒幕しなくて、我が国は近代化し生き残れた)。

これらについてどう思われるでしょうか?私自信は直感的に反対なのですが、論理的に反論できる理由がなくて困っております。お時間があれば教えてくださると有り難いです。
明治維新に興味のある読者
2018/02/04 20:42
いつも拙記事をお読みいただきありがとうございます。

ご質問の件につきましては、大変重要なご指摘で、いつも明治維新について書くときに頭に浮かぶ疑念でもあります。直観的には貴方と同じで反対ですが、スパッと割り切れる論理は用意できておりません。
コメント欄で簡単にお答えできる内容ではないので、近いうちに考えをまとめて記事にします。現在、『西郷南洲翁遺訓』をまとめ直していて、あと数日で終わります。ちゃんとお答えしたいので、お時間をいただけますでしょうか。
哲舟
2018/02/05 04:08
お返事ありがとうございます。

わざわざ水戸学等に関する記事を作らせることになってしまい、申し訳ありません。質問をした理由というのは、近年明治維新とその元勲への風当たりが強くなっているような気がします。勿論、明治維新の過程に間違いがなかったなどとは思いませんが、最近の反明治維新の風潮に対して自分の中で懸念が生まれていたので、お尋ねしました。
ブログ主様の都合に沿って記事をあげてください。楽しみにしています。
明治維新に興味のある読者
2018/02/10 14:40
長い文章になりますが、近日中にアップするので、また覗いてみてください。
反論のヒントになれば幸いです。
哲舟
2018/02/10 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
天下人の真髄 西郷隆盛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる