絶望の果てのかすかな希望

以下の討論番組を見て感じた事を書いておくことにする。

『日本よ、今・・・闘論!倒論!討論!2011』

表現者スペシャル「戦後保守の意味を問う」[桜H23/10/15]


① http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/35/gTlT6magVPY

② http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/34/DIOmd5qQMFA

③ http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/u/33/ExPdJkuwYU8

 この討論の軸となっているのは、とにかくしゃべりまくる西部邁氏の存在であろう。
 ちょっと聴いた所、西部氏の言論は西洋保守思想の翻訳のようにしか聞こえないが、その現代日本への適用という点では徹底している。
 彼はこの討論における一つの重要な役回りを果たしている。

 彼は戦後保守に蔓延するあやふやで曖昧なものに対する懐疑を突きつける。これを西洋保守思想の言葉で語るのだ。
 その基底にあるものは、戦後日本というものに対する絶望である。
 自称保守の中途半端な者達は、現在の窮状を脱するために、藁にもすがる焦りがある。
 本物は窮して却って保守の本道を歩むはずだが、偽者は乱れる。
 自身がこれまで何となく信じてきた価値に確信が持てず、揺らいで、怪しげな主張に吸い寄せられたり、本質的に保守の思想に反する政治勢力に取り込まれてしまったりする。

 西部氏は、それは藁だ、そんなものにすがるな、そういった警鐘を鳴らす立場を徹底しているのである。もちろん西部氏はそれを西洋の保守思想の言葉で語っているわけだから、何が本物かを語ることは出来ない。
 しかし、否定、懐疑という形で、ないところは指し示している訳だから、探すべきところを示唆している事になる。
 彼は逆説的に、絶望の果てにあるはずの希望を語ろうとしているのだ。

 彼は保守思想家としての自身の役割を弁えて、あらゆる言説に懐疑を突きつける。それはあたかも、希望を見出し、これを再生するのは後進の仕事として、彼らの手に委ねようとしているかのようだ。 
 おそらく西部氏は、自分に出来る仕事はここまでである、次に続く仕事は自分とはまた別の器を必要としていると達観しているのだろう。
 

 この討論への参加者は、皆、西部氏の教え子達と言ってよいと思われるが、やはり優秀な弟子たちなのだろう。番組の第三部に至って、絶望の果ての希望を見出すべき場所が、あるいは、その手がかりがぽつぽつと語られ始めるのである。
 
 もちろん究極的には、御皇室の存在にそれは行き着くことになるのであるが、西部氏は安易にそれを語る事を戒めている。これは当然そうあるべきことだ。

 そこで西部氏の教え子達が語り始めたのが次のことである。

 第三部の11分頃。

 水島総氏の発言。

「大東亜戦争は、世界に対する西南の役だった、という江藤淳さんの言葉。」

「反近代の戦いだった。」


 実は本質的な議論はそこから始まらなければならないのだが、議論はその周辺をうろうろして終わってしまう。西南戦の役に関して言えば、、始めから負けるとわかっていた戦争という、保守お決まりの議論で終わってしまう。
 水島氏の禅の話も、自己の見解に止まって議論は深まらない。

 20分45秒位から始まる富岡幸一郎氏の発言を受けて展開する特攻隊、延いては大東亜戦争に関する議論も、そこから深化はしないのである。

 とは言え、西部氏の懐疑が軸となって、全編大変有意義な討論であることに変わりはないのだが、最後に出てくる安岡直氏の発言(55分頃)。

「最終的に社会を支えているバイタルな力というのは言語活動から生まれてくる。」

 これもどこに手がかりがあるか、希望があるか、指し示している。

 あるいは第四部があれば、そういった見識を手がかりに議論が進んだのかもしれない。時間の制約でそこまで行かなかったのは残念であるが、仮にそうなったところで、西部氏のまぜっかえしで、議論は常に入り口に戻されていたかもしれない。
 それをものともせず、議論を深く進化させていく力を持った論客が「表現者」の論客の中にいるように思われないのだが、強いて言うなら、「表現者」の一員ではないが、司会である水島氏の活動の中に、氏の活動を支える思想の中に、それはある、と言えるかもしれない。

 今後、「表現者」のメンバーでの討論を行うのなら、この近代日本の立脚点を見つめなおすところから議論を始めて欲しいものだ。
 キーワードは、近代合理主義思想と反近代、大東亜戦争、西南の役、明治維新、つまり大日本帝国の草創と守成。
 そして、さらには、言語の問題である。

 ということになれば、一種のルネッサンスであった江戸期の学問ということに行き着かざるを得なくなるはずだ。つまり儒学と国学だ。
 明治維新の思想的背骨となった学問である。


 以前、西部氏も出席していた日本文化チャンネル桜の討論で、戦後民主主義の当否が議論の俎上にあがったことがあった。西部氏は今回同様、戦後民主主義に対する懐疑、否定を述べたのだが、やはり、それを掘り下げる事は出来なかったのである。誰かが「五箇条の御誓文」の重要性を指摘したが、そこどまりであった。


 万機公論に決す、との理想を掲げた「五箇条の御誓文」の精神は、いわゆる四書をその背骨としている。四書とは『論語』『孟子』『大学』『中庸』の事だ。起草者の由利公正(三岡八郎)自身が自伝の中でそのように述べている。

 この由利公正は、坂本龍馬の盟友であると共に、横井小楠の弟子でもあった。
 勝海舟がこの横井と並び称した西郷南洲翁もまた、同じ思想に則って王政復古維新の偉業を推し進めた。

 儒学や国学といった江戸期の学問的成果を背景にして、維新の指導者達は日本古来の伝統をその脳裏に描きながら、困難に対処して行ったのである。
 公議政体に対し、ある者は理想として聖徳太子の十七条憲法を想起していたし、ある者は、この国の遠い神話時代に思いを馳せ、高天原に神々が集って、言霊を交し合っている姿を投影していた。 

 戦後生まれた保守論壇は、左翼との論争に精力を費やして、この根源を見つめなおして、言語化する仕事が十分になされてこなかったように思えるがどうだろう。
 それは、重層構造をなす日本の伝統精神の、その深層と表層の間に、文明開化の浮薄な風潮の中で移入された近代合理主義思想によって、生じた断層を修復する、という大変困難な仕事である。

 保守論壇が左翼の論争に精力を費やしたとは、この重層構造をなす伝統そのものを、表層から浸潤して、これを解体しようとした左翼思想の侵食を食い止めようとした、ということであるが、それはまた、近代合理主義や西洋の保守思想を有効な武器にして戦う、という矛盾をはらんだものでもあったのである。

 日本の歴史に推参して、先人達の優れた精神から何かを汲みだし、伝統を救い出すには、争いに必要な精神力とはまた違った、別の深度の内省力を必要としている。

 それは、伝統、伝統、と殊更言い立てなくとも、次の境地から生まれるものだろう。

 「世上の毀誉軽きこと塵に似たり、眼前の百事偽か真か、追思す孤島幽囚の楽しみ、今人に在らず古人に在り。」(西郷南洲)

 「これを好み、これを信じ、且つ、これを楽しむ。」(本居宣長)


 先人達はこういった態度を、孔子から学んだ。

「述べて作らず。信じて古を好む。」

あるいは、

「故きを温めて新しきを知る。」

 現代社会にあってこの態度を徹底するのはよほど困難な事だ。 



思想の英雄たち—保守の源流をたずねて (角川春樹事務所 ハルキ文庫)
角川春樹事務所
西部 邁

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 思想の英雄たち—保守の源流をたずねて (角川春樹事務所 ハルキ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本の保守思想 ハルキ文庫 / 西部邁 【文庫】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット文庫出版社角川春樹事務所発売日2012年05月ISBN978475

楽天市場 by 日本の保守思想 ハルキ文庫 / 西部邁 【文庫】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 自閉症を患った保守主義

    Excerpt: 「大阪維新からはじまって…」について  チャンネル桜と西部邁ゼミナールのページをときどき見る。どちらも自称保守なんだが、はたしてこの人たちを保守論客と呼んでいいものか戸惑うことがある。どちらにも共.. Weblog: 罵愚と話そう「日本からの発言」 racked: 2012-01-04 06:28