中国という現実を見ること (その一)

 チベット、ウィグルに引き続いて、モンゴルでも騒乱が起きている。

 以下は宮崎正弘氏の国際ニュース・早読み「内蒙古自治区の暴動が意味することは?」からの転載である。

http://melma.com/backnumber_45206_5197361/

(引用開始)


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
       平成23年(2011)5月31日(火曜日)
通巻第3336号   


 誰が90周年を祝うのか? 中国共産党創立90年記念日は7月1日
  内蒙古自治区の各地で抗議デモが猛威、ついに江西省では自爆テロ



 5月26日に江西省撫州市の庁舎前で起きた自爆テロ。四人が犠牲となったが、死者のひとりが実行犯だった。爆発は大きな噴煙をあげ、西側のメディアも写真入りで報じた。
 原因は強制立ち退きにともなう補償額の少なさへの不満だった。

 そして開発のために再売却して巨富をえた共産党幹部がいる。腐敗の横行、やむにやまれず立ち上がった。
 実行犯は苦労して建てた家屋が強制立ち退き、取り壊しとなり、その補償額は投資した価格の半分、抗議し続けているうちに妻が病死し、直訴するために北京へ行ったこともあるが埒があかず絶望の果ての自爆テロに及んだという。

 他方、5月中旬から内蒙古省で起きている社会騒擾は、極めて深刻である。
数千人が政府に抗議デモを展開し、軍隊と衝突、シリンホト、フフホト市内に戒厳令が敷かれたとの報道もある。
 この社会争乱は、もともと石炭の乱開発に抗議してきたモンゴル族遊牧民の二人が西ウジムテン地区で、石炭を積んだトラックとフォークリフトに別々にもてあそばれ、あげくに轢き殺されたため、地元住民の潜伏していた非抑圧民族の怨念に火をつけた。

 とくに5月10日におきたとされるトラックの轢き殺し事件は、20人の抗議行動中、デモ隊が見ている前での惨事、運転していた漢族の運転手は逮捕された(ヘラルドトリビューン、5月31日付け)。

 5月25日にはシリンホト市内の高校生を中心に数千人が抗議デモを展開し、軍隊と衝突、多数のけが人が出た。当局は40人を拘束した。これはモンゴル語でネットで呼びかけられたもので、たちまち省都フフホトへも伝播した。
フフホトには大量の軍隊が投入された。

 当局はネット、携帯電話を遮断して繋がらないように措置した上、大学を封鎖した。学生は外出が禁止された。フフホト市内の大広場は軍隊で埋まった。

 もともとフフホトはチベット仏教の街で、共産党は宗教的影響力を制御するために、仏教寺院の周囲にモスクを建てさせ意図的にイスラム教徒を入植させ人為的民族対立を常態化するという分離支配を行ってきた。
 

 ▲社会の安定を維持するには血の弾圧が一番デス

 こうした動向が現在の中国共産党執行部にとって、いかに深刻な事態であるかは下記の問題と連動しているからである。

 第一に少数民族問題。これまでチベット、ウィグルの少数民族独立運動への血なまぐさい弾圧と、共産党の人権無視の強権政治には西側人権団体からも猛烈な抗議が繰り返された。ところがモンゴル(中国内蒙古自治区)では目立った動きがなかった。
 これは「南モンゴル」としての独立より、現在のモンゴルとロシア領内に編入されている、いわゆるロシア連邦モンゴル族自治区と中国内蒙古自治区の三つが、将来、合邦して独立するという「大モンゴル構想」が基礎にあるため、反反俗感情は強くても独立運動を自制してきたことに因る。

 第二は資源問題が複雑に絡む。日本に死活的なレアアースの産地はモンゴル(内蒙古自治区)。
 しかもモンゴルは石炭の宝庫でもあり、漢族がやってきてやたらあちこちを開発・乱獲し、貴重なモンゴルの資源を収奪している構図となる。
チベットの水、希少金属。ウィグルの石油とガス。地元民からすれば、外来の漢族が勝手によその土地を開発し資源を盗掘して、その利益が共産党幹部の懐にはいっても、地元の利益には還元されないという不満が鬱積してきている。

 第三は時期的に7月1日が中国共産党創立90周年を祝うという政治日程を前にして、「社会秩序の安定と和諧社会」をスローガンとする胡錦涛政権にとって、政治的にも極めてまずい状況である。
しかも内蒙古自治区書記は「団派」(胡錦涛率いる共産主義青年団)のライジング・スターのひとり、胡春華である。第六世代のチャンピオンとして将来を嘱望される胡は団派を代表して、レアアース関連の利権を掌握しているとされる。

周章狼狽する胡錦涛は30日に緊急の政治局会議を開催し「社会の調和と安定に影響する問題の解決を急ぐ」とした。つまり弾圧で臨め、という訳である。
もちろん飴と鞭の使い分けがあり、緊急に内蒙古自治区支援のため788億元の財政支出を打ち出したうえ、胡春華は、抗議の学生らと話し合いの場を持ったそうな。


(転載終了)



 これは決して他人事ではない。

 戦前の日本人が大陸で経験したことであったし、今、大陸に出張している日本人がこれから経験するかもしれないことだ。
 毒餃子事件で自己の非を認めた同日に、日本人の麻薬犯罪者を処刑したことを思い出してもいい。尖閣諸島における漁船問題がこじれたら、すぐフジタの社員を拘束したことを思い出してもいい。

 日本の亡国と日本人の絶滅を願う言論空間が中国を支配していることはすでに触れた。官許である。
 日本に帰化した石平氏は、中国人は一度日本人を酷く痛めつけたいとの願望を持っていると言っている。
確かにそうだろう。
すでに官許の香港紙が、福島の原発事故で動揺している日本に原爆を落とせ、という論説を載せている。

 日本のマスコミは中国のそういった一面を隠そうとするが、それは「日本解放第二期工作要綱」にある工作がほぼ完成の域に達しているからだ。
 

 愛媛新聞が報道した次の事件は1週間後にはインターネット版からは削除されたという。


「愛媛新聞社」愛媛のニュース 二〇一〇年一〇月〇一日(金)

西条・男性刺殺容疑 中国人実習生を逮捕

 西条市明屋敷の独居男性殺害事件で、県警の特別捜査本部(本部長・宮脇直志刑事部長)は1日午後7時すぎ、自宅玄関先で9月28日朝に遺体で見つかった三並清さん(64)を殺害したとして殺人の疑いで、西条市ひうち、中国籍男性で今治造船実習生孔祥猛(コン・シャンモン)容疑者(28)を逮捕した。
 容疑は27日深夜、自宅の玄関近くの戸外で三並さんの左胸を文化包丁(刃体約15・5センチ)で十数回刺すなどして殺害した疑い。
 特捜本部によると、孔容疑者は「遺体は引きずって隠した。知人女性が被害者と面識があり、三並さん方には約1年前に一度、知人と行ったことがある。会社の寮から持ち出した包丁で刺した」などと供述し、容疑を認めているという。
 同本部は、28日午前、西条市内の病院で男が右手のけがを治療したとの情報を入手し、孔容疑者を割り出したという。同容疑者の「逃げる途中で包丁は捨てた。当時着ていた服は寮の近くのごみ箱に捨てた」との供述に基づき、被害者方西方約800メートルの水路で、包丁と被害者の携帯電話を発見、寮の近くのごみ箱から服を発見した。
 孔容疑者は3年間の滞在予定で2008年9月に研修生として入国。会社に退職願を出しており、9月29日に10月1日広島発大連行きの航空便を予約していたという。



 さらにその後の報道で次の蛮行が公にされた。


「愛媛新聞社」愛媛のニュース 二〇一〇年一〇月二〇日(水)

犯行後室内物色か 強殺も視野に捜査 西条男性刺殺

 西条市明屋敷の独居男性殺害事件で、殺人容疑で逮捕された中国籍の元実習生孔祥猛(コン・シャンモン)容疑者(28)が、三並清さん(64)を殺害後に三並さん方を物色した可能性が高いことが19日、県警特別捜査本部による血痕のDNA鑑定などで分かった。被害者方の実況見分などで預貯金など無くなった物はないかどうか資産関係の捜査もしており、強盗殺人容疑や窃盗容疑の可能性も視野に捜査を進めている。
 捜査関係者らへの取材で、遺体発見時に三並さんの心臓が取り出されていたことも判明。特捜本部は孔容疑者が強い殺意を持っていたとの見方を強めている。




 犯人は殺害した上で、わざわざ心臓を抉り出していたのだ。

 日本人の反中感情を眠らせておきたい中国共産党は、裏から手を回して、この記事を日本人の目に触れぬよう削除させた、と考えるのが妥当だろう。
 もちろん手を回したのは、すでに中国共産党の手先になっている日本人だろうが。
 おそらく同様の事件の多くが日本人の目から隠されてきたはずだ。

 しかし、これはシナの歴史から見れば、ありふれた事件だ。
 遺体を陵辱して、復讐心を満足させる。
 彼らの文化と言っていい。
 そのシナが今、日本を飲み込もうとしている。



(なお、安易に断定すべきではないが、五月十五日の西村慎吾氏のブログ記事には次のような興味深い記述がある。http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=630

「やはり、血も涙もないコミンテルンの走狗」

 文藝春秋6月号に、避難指示区域の福島第一原発の半径二十キロ圏内が立ち入り禁止区域となる四月二十二日まで、取り残された犬や猫の救出にあたっていた中谷百里さん(NPO法人犬猫みなしご救援隊理事長)の手記が掲載されている。
 この地域は、ご記憶の通り、福島第一原発の事故直後つまり地震と津波襲来直後、政府により避難指示区域とされた。そして、避難するために役場に集められた住民は、ペットは連れて行けないのでその場で放すように指示された。
 そこで、中谷百里さんらは、飼い主に放されて取り残されたペットを保護するためにこの避難指定区域に入り、立ち入り禁止区域にされるまで、多くの犬や猫を保護する活動を開始した。
 その手記が、文藝春秋に掲載されているのであるが、その中に次の一節がある。
「原発近くの浜辺には、津波で流された遺体がたくさん放置されていました。南相馬市から富岡町にかけて海辺を走ると、至るところに遺体が『そのまま』の形で残されています。避難指示が出されていますし、放射能で汚染されているということで、回収もされていない。
 私たちの目にも入ってきましたが、遺体を回収するのは私たちの仕事ではないので、心の中で『ごめんなさい』と謝っていました」

 政府が、この地域の遺体捜索に動いたのは、事故発生から一ヶ月以上経過してからであったが、その頃、福島県内にいた私は、次のような話を聞いた。
「発見された遺体は、白骨化していた。子供の遺体が木の枝に引っかかったままであった」
 また、避難指定地区外の大規模な遺体捜索が行われていた地域では、指や手首が切断され、顎がこじ開けられた遺体が多く発見された、誰かが遺体から指輪や腕時計や金歯を奪ったと考えられる、という話を聞いた。
 さらに、西村幸祐氏が編集した「ジャパニズム」という雑誌の創刊号には、被災地からのレポートとして、何者かに破壊されて中の現金が奪われた銀行のATM機の写真が掲載されている。
 そして、地震直後に、仙台から山形に避難した知人が次のように私に言った。
「山形空港には、地震直後、一団の中国人が続々と降り立ち、私と反対に被災地の方に入っていった。彼らは、何をするために被災地に行ったのだろうか」

・・・(以下略)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『中東民主化ドミノは中国に飛び火する』宮崎正弘

    Excerpt: ジャスミン革命に始まった中東、北アフリカの民主化運動は、その性質は国ごとに異なるものの、間違いなく近隣諸国へのドミノ倒しの様に広がりつつあります。そこには、各国の現体制や経済格差問題、民族格差問題、宗.. Weblog: 私の通勤読書メモ racked: 2011-06-11 10:51