「天罰」発言 再考 (その弐)

 前回は前置きで終わってしまったが、「天罰」発言に対する再考である。

 石原慎太郎氏や櫻井よしこ氏、あるいは西村眞吾氏の天という超越的存在に絡めた発言の背景に、日本の伝統的な天人相関の思想があることはかつて触れた。

 そこでは次のように書いた。

「この列島の先人達は、古来、数々の天災と戦ってきた。
 そして、この国のリーダーが天災に対する対処を誤った時、それはしばしば大きな体制の変革につながって来たのである。

 これを根拠付けてきたのが天人相関説と言われる古代シナの思想である。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E4%BA%BA%E7%9B%B8%E9%96%A2%E8%AA%AC

 この思想は日本の国體を考察する上で大変重要な思想なのだが、ここでそれを考察する余裕はないので、それはいずれ国體論としてまとめるとして、ここでは簡単に説明すると、天地自然の現象と人間の行為の間に因果関係があると考える思想である。
 つまり、天変地異が起きるのは君主の悪政に原因があり、だから君主は善政を行わなければならない、とする考えである。

 これを理論化したのが古代シナにおける戦国期の思想家・孟子である。
『孟子』によれば、天意は民意を媒介して現れるということになっている。
 天はものを言って、言葉でその意志を示すわけではない。
 キリスト教なら預言者と奇跡によって示されることになるのだろうが、『孟子』の場合、行為とそこから生じた事象によって天はその意とするところを示すとした。すなわち、天変地異や天候不順といった自然現象、あるいは民意の動向といったものに天意は現れる、と考えたのである。
 天変地異や天候不順が起きた際、天子の対処如何で、民は、一揆を起こすか否かはともかく、離れていってしまうから、これも結局は民意で判断されることになる。

 このような自然現象を為政者の欠陥に結び付ける考え方(例えば王が呪力を失ったことに求めたりするなど)は、古代社会一般に見られる考え方だったが、『孟子』ではこれを一歩進めて、為政者の徳の欠陥、つまり不徳に結びつけることにした。
 これを天人相関という。

 難しい理屈は抜きにして、直感的にわかる話である。
 今回の千年に一度あるかないかのような大災害のように、我々が日常生活で決して経験することのないような、人智、人力を超えた規模の天変地異を経験した時、我々はそこに超越的な力が、意思が働いたように感じる。
 
 今回被災に遭われた方々の中には、「何も悪いことはしていないのに、なぜこんな目に遭わなければならないのか」という感情を抱いた方も多かっただろう。だからと言って、天や神を恨むわけにはいかないし、恨んだところで仕方がない。
 ならばそういった感情はどこに行くのかといえば、やはりこの天災の中で、直接的に公的な責任を負わされているにもかかわらず、それを果しえていない人々に向けられることになる。

 それは政府であったり、官僚であったり、あるいは原発における火災の問題でいえば東京電力であったりする。被災地で被災者の精神的・物質的支えになっている公的機関は圧倒的に自衛隊であるが、これを報道しようとしないどころか、これに張り付いて粗を見つけて報道しようとしている報道機関なども国民からの負託に応えられていない組織ということになるだろう。

 もちろん、為政者が誠心誠意、身命を擲ってこの国難に立ち向かっていれば、国民の心が離れることはない。民意が離れるとは、国民が為政者の努力をそのように評価しなかったということなのである。

 石原東京都知事の「天罰」発言には、私欲にまみれた民に対する天罰という聖書的な発想も見られ、未分化ながら、この天人相関の思想も垣間見ることが出来るのである。現に彼の非難の矛先は、政府に対し向けられている。」


 最後にある聖書的な発想とは、『旧約聖書』にある「ソドムとゴモラ」の説話を連想したからそう書いたまでだが、再考を行いたいのは、この部分についてである。


 石原慎太郎氏は小説家として世に出て、時代の寵児として活躍した後、政治家に転身し、戦後政治の表も裏も知り尽くしてきた人物である。
 独自の文学的センスを持っていて、時には計算された挑発的な発言もあるが、その率直な発言は様々な物議を醸し出してきた。
 毀誉褒貶の激しい人物だが、それだけに感情的な反発も多く、真意が伝わらないことが多いのだが、今回の発言もその一つであろう。
 
 氏の意見のすべてに賛同するわけではないが、少なくとも福沢諭吉が言った自主独立の精神を持した人物であることは間違いない。
こういった人物の意見は、大勢に順応しているだけの知識人の言論より、よほど傾聴に値するものだ。

  
 「天罰」発言を一読後、被災者が天罰を受けたとの誤解から反発を感じ、再読後、誤解は解消。趣旨は了解したものの、「天罰」という言葉遣いに対し、旧約聖書の説話「ソドムとゴモラ」を連想して違和感を感じた。
 しかし、しばらくして、これはむしろ伝統に則った考えではないかと思い直した。つまり、文化という有機体の連続的な発展でとらえられるものではないかと思い直した。

 「天罰」という言葉の語源は古く、白川静氏の『字通』によれば、『書経』にある「我すなわち明らかに天の罰を致し、爾(なんじ)を遐逖(かてき・・・遠方)に移さん」が初出だそうである。
 他にも、「天誅」(『墨子』)、「天網」(『老子』)、「天刑」、「天譴」、「天戒」、「天警」、「天討」、「天羅」などそれに類する言葉は多い。

 つまり、石原都知事の「天罰」発言は必ずしも聖書的発想とは限らない、ということであり、天人相関説との関連を再考察する余地が生じてくるのである。

 その後、震災に対する政府の対応に関する情報に接した限りにおいて、多くの人が人災と認識するようになってきている。
 政府は東電への責任転嫁に努めているが、今後色々な情報がリークされて、政府への批判は高まる一方に違いない。
 元航空自衛隊空将で軍事評論家の佐藤守氏は民主党議員を「外資系議員」と呼んで、その本質を喝破しているが、確かに東日本を大震災が襲った直前の永田町を揺るがしていたのは、外国人からの献金問題であった。
 もちろんこれは法律違反、憲法違反である。
 前原外務大臣は辞任に追い込まれ、菅首相自身に問題は飛び火していた。

 表に出たのは個人献金に過ぎないが、この問題を突き詰めて行けば、彼らがなぜ、外国人参政権の問題を中心とする外国人の権利の増進に異様な情熱を持っているのかが明るみになったかもしれない。背後には日本弱体化を目論む外国勢力の存在がちらついている。 

 現政権には古くから反原発運動を行ってきた人物が多い。
 彼らは外資系ゆえに、中国などの核や原発に反対することはない。
 これはこれまでの政治活動で援助を受けてきたからと解釈するのが妥当であろう。

 私はそこが彼らを理解するポイントだと思う。
 そういった視点を持てば、震災発生以来の彼らの常識に反する奇妙不可解な言動には一本の筋が通っていることに気づかされるのだ。
 それは日本という国家の解体であリ、弱体化である。
 彼らは今回の天災を自己の政治目的実現のために利用しようとしている。

 かつて、ビートたけしの「赤信号、みんなで渡れば、怖くない」というギャグが一世を風靡したことがあったが、彼らの多くが、心を、科学の名の下、人工的に作られた赤いライトに照らされている。彼らは「赤」を「進め」のサインと心得ているのだ。
 我々のルールでは、「青」で「進め」となっているが、彼らのルールは逆である。
 価値相対主義者には、「青で進め」というルールも、「赤で進め」というルールもあっていいんじゃない、というお目出度い人もいるかも知れないが、冗談ではない。
空想ならともかく、実社会においては致命的な事故が起きる。
これは天災ではない。
人災である。
 我々は東日本大震災後の政府の対応でそれを目の当たりにしているのである。

 第二次世界大戦後に発生した米ソの冷戦は、この、本来相容れるはずのない二つのルールのどちらを強制的に国際社会のルールにするのか、という争いでもあった。

 我々はそもそも比較的に自己規律の取れた、「で進め」に近いルールの社会であったから、敗戦後のアメリカの「で進め」のルールを強制されても、簡単に受け入れることが出来た。
 これをアメリカは自己の成果と勘違いし、戦後の日本人の多くもそう思い込まされてしまったのだが、戦前から日本はもっと成熟した意味での「青」ルールの社会であったのだ。

 本来の我々の「青」は、空の透きとおったであり、海の深いであり、青青とした山々といった風に表現される時のである。
 時、処、位に応じて、微妙に色合いを変化させる。

 これを徹底して破壊しようとしたのが、実は、日本を「で進め」の社会と勘違いして、これを憎悪したアメリカ自身だったのだ。 
 ちなみにアメリカはこの勘違いが元で、イラクで同じことをしようとして失敗をしでかし、自身がこれに苦しめられ、衰退の一要因をつくることになったわけだ。
 彼らの「青」はこれもまた人工的に作られたライトのけばけばしい「青」である。
 人工的という点では「赤」ルールと同じ穴の狢なのである。
 だから朝鮮戦争を戦うまでのアメリカは、共産主義をアメリカン・デモクラシーの同類とみなしていたのだ。

 彼らにとって目障りだったのは、理解不能な、いや理解を拒絶した、彼らからは、黄色い肌をし、出っ歯でメガネをかけた、人とも猿ともつかぬ動物が横行するように見えた、「黄」ルールの大日本帝国という国家であり、黄禍として、何が何でもこれを叩き潰さなければ気がすまなかったのである。

 もちろんこれは、けばけばしい人工的な「青」光に慣れた目から見れば、味がかって見えたということに過ぎないが、この麻痺した視力が、共産主義を同類とみなすと同時に、辛亥革命で共和制を掲げたシナへの同情となって、蒋介石率いる国民党への肩入れとなったのである。
 これがシナ事変を泥沼化させた要因の一つである。
 彼らは朝鮮戦争を戦うまで、それまでの東アジア政策で致命的といってよい大きな過ちを犯していることに気づかなかった。
 シナは「赤」化され、朝鮮半島は三十八度線までが「赤」化された。
 アメリカが一番、「青」ルール化して、利益を貪りたかった地域を、自らの過ちで敵を育てた上、彼らに与えてしまったのだから、全くの阿呆である。


 かつて、ロシア革命前夜に、キリスト教における個人の道徳的完成を説いた文豪ドストエフスキーの講演内容を、今日のロシアが求めているのはそんなものではない、現実に新しい公民制度を確立するための社会的理想である、と批判したグラドフスキーという人物がいた。
 このような批判が現れることを想定していたドストエフスキーは、次のような趣旨の反論を行っている。

 あなたはあなたのスローガンである「自由、平等、友愛」を掲げて、公民的団結に向かって進むがいい。
 だがあなたはもう一つのスローガンを掲げていることを忘れぬがいい。
 然らずんば死、というスローガンを。
 
 そして、ドストエフスキーは、ヨーロッパにおける道徳の基礎が崩壊し、外的現象に救いを求める人々に満ち溢れ、たとえばフランス革命のスローガンである「自由、平等、友愛」というような、社会的理想に関する抽象的公式が声高に叫ばれ、そうであればあるほど、社会はより混乱していることを指摘する。
 その上で、総決算のときは必ず来る、近いうちに、誰の想像も超えた、未曾有の大戦争が起きるだろう、と断言するのである。

 それが二度の世界大戦となって現実のものとなった。
 
 ドストエフスキーの予言は、社会的理想に関する抽象的公式が、然らずんば死、というスローガンを背後に潜ませていることを見抜いて、個人の内面を腐らせ、人間社会そのものを破壊するものであることを指摘したのである。
 
 冷戦は終わったが、「自由、平等、友愛」を掲げる同じ穴の狢である「赤」ルールが負けて、「青」ルールが勝とうが事態は変わらない。
 歴史を鳥瞰してみて、我々が三度目の世界大戦の渦中にないと誰が断言できよう。紛争は、余震のように、小出しに行われるようになっただけで、事態は何も変わってはいないのだ。

 然らずんば死、のスローガンは、大東亜戦争で多くの日本人を殺したが、イラクのサダム・フセインも、アルカイダのオサマ・ビン・ラディンも、「青」ルールの隠されたスローガンがこれを殺したとも言えるだろう。(ちなみにアメリカに処刑されたA級戦犯の遺灰は海に捨てられたが、オサマ・ビン・ラディンの遺体も海に捨てられたそうである。水葬と言えば聞こえはいいが、要は廃棄処分にしたのだろう。)
 同じスローガンが、いまだに日本に米軍基地を置かせているし、日本の核武装を許さずにいる。
 自由、平等の名の下、不自由と不平等が強制されている。
 事態は何も変わっていない。
 小出しの紛争が近いうちにこの列島上で起きないとは限らない。
 いや、可能性はむしろかなり高いのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック