「天罰」発言 再考 (その壱)

 以前触れた石原慎太郎都知事の「天罰」発言について、もう一度触れておきたい。

 石原都知事の天罰発言とは次のようなものである。

(「産経新聞」記事より引用開始)

 東京都の石原慎太郎知事は14日、東日本大震災への国民の対応について記者団に問われ、「我欲で縛られた政治もポピュリズムでやっている。それを一気に押し流す。津波をうまく利用して、我欲をやっぱり一回洗い落とす必要がある。積年にたまった日本人のあかをね。やっぱり天罰だと思う。被災者の方々はかわいそうですよ」と述べた。

 知事は一連の発言の前に、持論を展開して「日本人のアイデンティティーは我欲になっちゃった。アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等だ。日本はそんなもんない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と語っていた。

 同日、この後に開いた記者会見で「天罰」の意味について「日本に対する天罰だ」と釈明。「大きな反省の一つのよすがになるんじゃないか。それしなかったら犠牲者たちは浮かばれない」と話した。


(引用終了)

産経ニュース(http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110314/lcl11031421380004-n1.htm

 結局、石原都知事は翌三月十五日には「行政の長であります私が使いました天罰という言葉が被災者の皆さま、国民、都民の皆さまを深く傷つけたことから、発言を撤回して深くおわびいたします」と陳謝したが、その発言をよく読むと、被災者に対する天罰、との意味合いで述べているわけではなく、発言は撤回したものの、都知事は発言の趣旨そのものについては何ら反省する必要を認めていないだろう。
 現に三月二十二日の自由報道協会の記者会見でも、被災者の感情を慮って撤回したのであって、趣旨そのものを撤回したわけではない。


 こういった発言に対する各方面の反応を観察してみるのはなかなか面白い。その人の言語感覚や歴史観、思想の深浅がくっきりと浮かび上がってくるようだ。

 ここで、石原発言に関する、頓珍漢な解釈、全く見当違いの反応を取り上げるつもりはない。
 今回の震災を石原氏と同様の感覚で受け止めた人々の発言については、いくつか紹介した。
 櫻井よしこ氏と西村慎吾氏の発言である。

 その後、目にしたものでは、次のような記事もある。

「株式日記と経済展望」ブログ記事http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/005288ca7e7bcdcd2c1bf9f19cf79803

 ここでは引用された記事も、管理人氏のコメントも、神罰の話として述べられているが、どうなのだろう。

 ここで語られている神の概念が、日本の伝統的な神観念というよりも、キリスト教的な神「ゴッド」のように思えるのは私だけだろうか。
 私が注目したいのが、ここで語られている大東亜戦争観だ。
 私は、ここで語られているようなあの戦争に対する見方をとらないので(もちろん全否定しているわけではなく、一理二理ぐらいはあると思うが)、非常に表層的な議論に終始しているように思える。

 ここしばらく鈴木敏明氏の『大東亜戦争は、アメリカが悪い』の書評を書いてきたが、大東亜戦争は簡単に語れるようなものではない。

 管理人氏は次のように言う。

「日本がアメリカとの戦争に突入した原因の一つとして、日本は『神国』であり、最後には神風が吹いて勝つという神話があった為だろう。その証拠に「神風」特攻隊が組織された事からも分かる。一度や二度の戦争に勝利したからと言って、日本が『神国』などというのは『神』に対する冒涜であり、だからこそ『神』は日本に対して大敗北と言う天罰を下されたのだ。」

 これは戦後のパラダイムで語られた典型的な大東亜戦争観であって、戦後的価値観で戦前を見ている。

 戦前の日本人が日本は神国であると思ったのは、天照大神の末裔である天皇を中心とする八百万の神々の国である、という意味であって、そう信じることがなぜ「神」に対する冒涜であり、「神」に天罰(神罰?)を下されなければならないのか。

 記事の後のほうに「日本人は世界で一番『神』を敬う国家であり、正月には神社に数百万人もの参拝者を集める。」とあるが、日本が神州であり、神の国であるとはその意味においてであったのだ。

 心だに、まことの道に、かないなば、祈らずとてや、神ぞ守らん

 大方の日本人は、ある人は、まことの道を誠心誠意歩めば神仏の加護があり、ある人は、人事を尽くして天命を待たん、と構えて侵略者と戦ったのである。
 これらの人々は、日本の八百万の神々を信じ、神風よ吹けと祈り、古来先人達が信じてきた東亜の天を仰いで、天よ回れ、と人事を尽くしたのであって、最終的に勝つとの合理的判断で神の名を唱えたのでも、天を語ったのでもないのである。
 神風特攻隊のみならず、人間魚雷「回天」などもそういった伝統を背景にしている。

 もちろん一部には管理人氏の言うような思潮があり、敗因を作った面も否めないだろう。しかし、これこそが明治維新以来の近代化の過程で移入された西洋文明の毒にあたった部分ではなかったか。

 このくだりは前後次のように書かれている。

「だから『神』の名を語って人々を騙す事は、やがては『神』によって罰されることになる。騙された国民が一番の被害を受けるのであり、『神』の名を語る者にだまされてはならない。神仏は確かに絶対だが、神仏の名を借りて語られることは絶対ではない。偽りの神話を信ずるものにはやがては天罰が下される。『天は自らを助来る者を助く』(Heaven helps those who help themselves.)と言う言葉がありますが、津波の恐ろしさを知る者は逃げて助かりましたが、多くの人が亡くなった。

 天罰の恐ろしさを知る者が助かってきたからこそ日本人は世界で一番『神』を敬う国家であり、正月には神社に数百万人もの参拝者を集める。大津波のように人間の英知を超える力のあることを知る者のみ助かってきた。数々の神話が作られても天罰によって崩されてきた。西欧の文明は自然を征服することで成り立ってきたが、西欧には地震も津波も少ない。だから地震にあうと西欧人は非常にびっくりする。」



 確かに人間が合理的打算から作り上げた神話は崩壊するし、神を冒涜する行為であると思う。天意を勝手に語ったのなら、天罰が下るだろう。

 しかし、私はこれを読むと、神仏が絶対と言ったり、神罰の話がいつの間にか天罰の話にすりかわり、その天が、キリスト教徒であるサミュエル・スマイルズの『西国立志編』の言葉から引き出されたりで、字面通りに追跡しようとすると全くわけがわからなくなってくるのである。

 管理人氏は、この整合感をご自身の中ではどのようにつけておられるのだろう。

 その言葉遣いから察するに、管理人氏には人間を超越した存在に対する漠然としたイメージをお持ちのようで、そこには相対的な超越的存在(これが日本的な「神』や「仏」であろう)と絶対的な超越的存在(キリスト教的な「ゴッド」と儒教的な「天」、あるいは浄土真宗における「阿弥陀如来」のようなものだろう)が混在しているような印象を受けるのである。

 その、自己を超越した存在に対して抱いているイメージが、文脈によって、日本的な「神」、キリスト教的な「神(ゴッド)」、東洋的な「天」の名によって語られる、そんな印象である。
 少なくとも意識的なものではなさそうだ。

 これはよく言えば、従来の日本人伝統の神仏や天に対する信仰と、キリスト教的な世界観が習合したものと言えるのかもしれないが、大東亜戦争が、アングロ・サクソンのキリスト教信仰に基づく人種差別や異教徒憎悪が要因の戦争であり、日本人の信仰はこれに敗れたという、深刻な側面に焦点を絞れば、私には、この管理人氏の言説もまた、敗戦国の哀しい精神風景に映ってくるのである。

 管理人氏は大変利口な方である。
 記事の趣旨もよくわかる。批判に強く頷かされることも多い。
 しかし、智術、才識で世の中のことはどうにかなるものと思っておられるような印象を、その記事から受けるのであるがどうだろう。
 
 

 大東亜戦争を正真正銘の悲劇と深く観じていた小林秀雄は

「僕は、終戦間もなく、或る座談会で、僕は馬鹿だから反省なんぞしない、利口な奴は勝手にたんと反省すればいいだろう」

 と放言して、嘲笑されたそうだが、戦後のパラダイムはこういった反省上手の利口者によって作られてきたのである。

 小林秀雄はまた次のようにも言っている。

「今でも同じ放言をする用意はある。事態は一向変わらぬからである。
 反省とか清算とかいう名の下に、自分の過去を他人事のように語る風潮はいよいよ盛んだからである。そんなおしゃべりは本当の反省とは関係がない。過去の玩弄である。それは敗戦そのものより悪い。個人の生命が持続しているように、文化という有機体の発展にも不連続というものはない。」


 確かに事態はいまだに一向に変わっていない。
 いや、変わっていないどころか、より悪くなっている。
 敗戦そのものより悪い状況を予感させるところまで日本は悪くなっていないか。
 それを強く問うてみる必要があるだろう。

 だからこそ、文化という有機体がどのような容姿をしているのかが問われなければならない、と強く思うのである。
 国體論とはその素描であろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック