中国漁船船長釈放という重大事

 前回の記事をアップした直後、早速、那覇地検が当該事件の中国漁船船長を処分保留として釈放した。何でも「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」からだという。
 まことに愚劣な判断である。

 地検の判断は、事なかれの願望からか、シナの手が回ったか、どちらかだが、いずれにしても政府からの指示があったのではあるまいか。
 いずれにしても、これは法治国家であることを自己否定したに等しい。

 共産党の志位和夫委員長は、早速、次のような真っ当なコメントを発表した。

 「尖閣諸島付近の日本の領海で、外国漁船の不法な操業を海上保安庁が取り締まるのは当然である。検察は、逮捕した船長を「処分保留」として釈放することを決めたが、逮捕の被疑事実、釈放にいたる一連の経過について、国民に納得のいく説明を強く求める。
 このような事件を繰り返さないためには、日本政府が、尖閣諸島の領有権について、歴史的にも国際法的にも明確な根拠があることを中国政府や国際社会に明らかにする積極的な活動をおこなうことが必要である。同時に、わが党は、中国側に対しても、こうした事件にさいして、緊張を高めない冷静な言動や対応をとることを求めたい。」


 ごくごく真っ当な見解で、共産党らしくない。
 ただ、中国政府は日本の弱腰を見越して、わざとやっているのだから、冷静な対応の求めても無理な相談だが、国際社会にアピールするためにも、しっかりと抗議しておくべきだ。
 
 このように恫喝に容易に屈して、軟らかい土であることを自ら認めてしまっては、彼らの侵略行為はますますエスカレートしていくだろう。
 「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮」するからこそ、法に則った毅然とした態度は貫かなければならなかったのである。
 政治的な利害計算のうえからもこのような行為はすべきではなかった。
 真の日本国民の利益を思うなら、日中の国交は断絶してもかまわないのだ。
いずれにしても中国に依存した経済体制は是正されなければならなかったのだ。

 これから本格的に始まるシナの侵略行為に対し、シナ人の移入はこれ以上食い止めなければならないし、むしろすでに入国しているものを追い返すくらいでいい。そして、フジタの社員の拘束を見ても、中国滞在中の日本人は、人質に取られているようなもので、一刻も早く手を打って、帰国させるべきである。
 もちろん民主党政権はそんなことをすまいが。


 我々日本人にはシナ人に国土を蹂躙されて、絶望の中、起ち上がらざるを得ないという、最悪のシナリオしか残されていないのだろうか。
  
 幕末の日本は、貧しい上に、たった三千万の人口でありながら、明治維新という偉業を成し遂げた。それは、元来の理念からいって、いわゆる征韓論破裂から西南戦争という一連の事件で、それを見失って迷走するという瑕疵を伴った不完全なものであったが、それでも近代化、富国強兵の努力によって、大きな成果を成し遂げた。

 現在、日本人の劣化、愚民化が言われているが、幕末の日本人も、指導階級の一部を除く、大部分の日本人は、国難を予感して不安を感じつつも、どこか日本国家の運命については他人事であった。それは日本の文明化を望んだ福沢諭吉や民権論を唱えた板垣退助の証言を見ても明らかだ。
 そういった観点からは、まだ希望はあるといいたいが、状況はより悪い。

 日本は、すでに六十年以上前からアメリカに首根っこをつかまれ、中国は四十年前から日本侵略のシナリオを着々と進行してきたのだ。
 南洲翁の遺訓に「規模術略、わが胸中に定まりて、これを発する時、千仞(せんじん)に坐して円石を転ずるが如きは、その勢というべし」とあるが、イニシアティヴを握っているのは、民主党の与党化で傀儡政権成立を合法的に成功させた中国であり、衰退の勢にある日本は、この侵略の始まりにおいて、毅然として対応して、なんとしても、この勢を食い止めなければならなかったのだ。

 中国はこれから、千仞に坐して円石を転ずるが如く、間違いなく勢いづくだろう。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック