和を以て貴しとなす、ということ

 前回、日本人の持つ和の性向が、保身に由来する事大主義、長い物には巻かれろ式の生き方と結びついて、平和憲法信仰、日中友好の幻想が、あるいは日米同盟絶対の幻想が、戦後六十年以上の長期にわたって、日本人をがんじがらめにしてき、そしてさらに民主党政権の誕生を迎え、現在の状況を生み出していることについて、舌足らずながらも言及したつもりである。
 この意味での和(やわらぎ)の精神が、日本を、シナ人が言うところの軟らかい土にしてしまっていることを言いたかったのである。

 戦後、日本人の心が劇的に変わったことについては、事情は複雑で、アメリカの占領政策が及ぼした影響が決定的だったのだが、敗戦時、すでに精神的な意味で成人として、当時の日本人が直面していた苦境と戦った人たちは、アメリカの意のままに洗脳されなかった。
 たとえば、戦艦「大和」の沖縄特攻時の乗組員で、敗戦直後に自身の体験を克明に綴った、『戦艦大和の最期』という戦記文学の傑作を残した吉田満氏は、後に『戦中派の死生観』(昭和54年、絶筆)という随筆の中で、次のように記している。

「ポツダム宣言受諾によって長い戦争が終わり、廃墟と困窮のなかで戦後生活の第一歩を踏み出そうとしたとき、男も女も老いも若きも、戦争にかかわる一切のもの、自分自身を戦争協力にかり立てた根源にある一切のものを、抹殺したいと願った。そう願うのが当然と思われるほど、、戦時下の経験は、いまわしい記憶に満ちていた。
 日本人は『戦争のなかの自分』を抹殺するこの作業を、見事にやりとげた、といっていい。戦後処理と平和への切り換えという難事業がスムーズに運ばれたのは、その一つの成果であった。
 しかし、戦争にかかわる一切のものを抹殺しようと焦るあまり、終戦の日を境に、抹殺されてはならないものまで、断ち切られることになったことも、事実である。断ち切られたのは、戦前から戦中、さらに戦後へと持続する、自分という人間の主体性、日本および日本人が、一貫して負うべき責任への自覚であった。要するに、日本人としてのアイデンティティーそのものが、抹殺されたのである。」



 では、その戦後日本人がアイデンティティーを失う中で、その断絶を見つめた戦中派は何をアイデンティティーとして戦後社会を生き、この社会をどう眺めたのであろうか。


「戦中派世代が戦後史の中で一貫してになってきた役割は、社会と経済の戦後の復興から発展、高度成長への過程で、常に第一線に立って働くことであった。黙々と働きながら、われわれはしかしそのことに満足していたわけではない。自由、平和、人権の尊重、民主主義、友好外交、そうした美名のかげにある実体はまやかしであり、戦後日本の出発には大きな欠落があることを、直感していた」と。


 吉田氏が見るところの戦後社会を動かしてきた輸入価値観は、その実体がまやかしであり、戦中派世代によって、その虚妄が暴かれ、根本が正されることは決してなかったのである。
 戦前戦中を知り、伝統の、歴史の継ぎ目の役割を果たさなければならないはずの戦中派世代は、廃墟からの復興でその精力を使い果たしてしまい、伝統精神の復興にまでは手が回らなかったのである。 
 ならば、それは戦後世代の果たすべき役割のはずである。
 しかし、それは十分なされたとはいいがたく、自由、平和、人権の尊重、民主主義、友好外交といったまやかしの価値観は、自明の真理として、いまだ日本社会にはびこっている。
 だから吉田氏が昭和54年に鳴らした次の警鐘は、そのまま、より深刻さを伴って、われわれの心に響いてくるだろう。


「・・・今、われわれの前にある現実は、戦後最大の危機といわれる、不況と円高の内憂外患の窮境である。外からわが国に注がれる眼の冷徹さは、政治や外交面の弾圧にとどまらず、深刻な経済的利害、国民感情の高まり、価値観の致命的な亀裂を母体に、根強い憎しみが存在することを警告している。これは太平洋戦争の悲惨な、しかし貴重な体験から、われわれが結局何ものも学びとらなかったことの証左ではないのか。もしそうでないというなら、今日本が何をなすべきかについて、戦争中のわれわれ日本人の行動を批判攻撃する論者の口から、適確な、かつ実現可能な対策が明らかにされなければならない。」


 吉田氏が指摘する問題は、現在、より致命的な問題となってわれわれの前に立ちはだかっている。なぜなら、不況と円高に加えて、中国の強大化による領土侵略の危機に瀕しているからである。
 尖閣における中国漁船の問題は、その始まりに過ぎない。
 未だ中国の真意を見誤っている、日中友好の夢覚めやらぬ、国家意識の低い知識人が多いのであるが、中国はこの軟らかい国土日本を虎視眈々と狙ってきたのである。

 しかも、われわれは、事もあろうに、戦中戦前のわれわれ日本人を他人事のように、自己の腐敗を棚上げにして、容赦なく指弾するだけでなく、日本解体を目指す、反日左翼集団を与党の地位に据えてしまった。
 そして、相変わらず、本質の変わらぬ、まやかしの内閣改造によって支持率が回復する愚民主主義状態を脱しえていない。

 これに対処していくためには、日本人は近代化の原点に立ち返って、歴史を直視し、しっかりとした国体観を持つと同時に、中国のことをよく知っておく必要がある。
 『孫子』に言うところの「彼を知りて、己を知れば、百戦して殆うからず」である。

 実は中国共産党は、日本人が日中友好、平和憲法信仰に現を抜かしている間に、40年の歳月を掛けて、この『孫子』の兵法に則って、日本併合の戦略を練って、それを着々と工作してきたのである。
 それが民主党政権の誕生に結びついてくるのだが、その前に、明日九月二十四日は、我が西郷南洲翁の命日である。
 まずは、聖徳太子の和の精神の延長線上にある、翁の精神について明らかにしておきたいと思う。
 それをまず知り、そして、それを生きることが、日本を単なる軟らかい国土ではなく、高貴な和(やわら)ぎの精神に基づく、柔よく剛を制す、の柔らかい国土への第一歩となるのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック