日本国民の敵、民主党

 鳩山由紀夫首相が辞任して、新首相も菅直人氏に決まり、いよいよ民主党は、身から出た錆びによって、地に堕ちた支持率を回復するために、参議院議員選挙体制にシフトしてきた。
 
 『孫子』に、「敵を知り、己を知らば、百戦して殆(あや)うからず」と言うが、日本国民にとって、悪意に満ちた中国・北朝鮮・韓国・ロシアは言わずもがな、同盟国でありながら自国の国益にしか関心のなく(これは国家としては同然のことなのだが)、日本弱体化・伝統破壊の元凶ともなっているアメリカよりも、喫緊の問題として、もっとも警戒が必要なのは民主党である。
 国民は、今、永田町で行われていることやマスメディアの報道をそのまま受け取らぬほうがよい。
 あれは国民に向けて行われた、選挙を意識しての猿芝居である。
 中学生レベルの読解力があるなら、鳩山首相の辞任演説によく耳を傾けただけで、それがいかに欺瞞と無責任に満ちたものであったかが見抜けるだろう。
 本人が不徳の致す所と言っているのだから世話はないが、問題は、彼が自己のどこが不徳であったかを、改めるどころか、全く認識していないことである。
 俗諺に、何とかは死ななきゃ治らない、と言うが、なぜ治らないかと言えば、自身を○○と認識すること、それ自体が○○にとって至難の業だからである。

 西尾幹二氏や藤井厳喜氏は、○○の後継首相候補に、国民に反小沢勢力と見られ、それでいながら小沢氏に接近しつつある、前原国土交通大臣の名を挙げていたが、結局は、前々から次期首相候補と目されてきた菅氏に決まった。

 前原首相が実現していたなら、ここしばらく、保守の空洞化と題して、空虚で愚劣な、龍馬や大久保利通といった、維新の功臣のフォロワーを批判してきた自分としては、また平成の大久保もどきと龍馬もどきが日本国家を誤った方向に導くと批判するところだったのだが(前原氏は確か竜馬ファンと言っていた)、どうやらもっと悪質な人物に国政は委ねられることになりそうである。
 まず、菅氏の首相としての最初の仕事は、民主党の小沢色の払拭を、おそらく小沢氏との合意の下、全力を挙げて、大胆に行うことである。
 選挙のためならどんな悪魔とでも組めるのが彼らなのだ。

 この点、芝居の興行主たる小沢氏は、我々の想像をはるかに超えた胆力を持っているようだ。
 その胆力の根源がどこにあるかといえば、彼が天意を受けていると確信していることにあるのではないか、と私は見ている。
 一般の方には荒唐無稽な話に聞こえるかもしれないが、小沢氏は易姓革命を目指している、ということだ。
 
 彼が韓国の学生の前で述べた、それこそ荒唐無稽な江上波夫氏の「騎馬民族征服王朝」説を信じているのは、その重要な証拠だろう。
 つまり、皇室が朝鮮半島から来た征服王朝なら、他の征服者がこれを打倒し、日本を支配してもよい、という考えだ。

 西村慎吾氏が、小沢氏のメンタリティは朝鮮人と言っていたが、未確認情報ながら、ネット上で、小沢氏の祖先の墓は朝鮮半島にある、との情報が流れている。

 こういった情報は真否の確認の仕様がないが、もしそうなら、彼の政治行動のいかがわしさ、たとえば、歴史捏造癖、情報宣伝工作の巧みさ、金権体質、およびファシスト的体質などについて、辻褄があってくるように思われる。

 彼が、中国の人民解放軍の野戦軍司令官として、朝鮮人として、彼らにとっての倭奴たる日本人を支配する天命を受けていると確信しているなら、今、彼が仕掛けてきている、選挙のための猿芝居に決してだまされてはならないだろう。
 だまされてしまえば、日本人は真の猿ということになり、悪意の近隣諸国からはそう扱われることになろう。

 そうでなくとも、日本人は、中国、朝鮮半島のみならず、西洋世界において、南京大虐殺に象徴されるような、歴史的に類を見ない残虐を行った民族との烙印を押されつつあるのだ。
 たとえ、それが情報宣伝工作による捏造であるとはいえ、だ。

 たとえ嘘でも貫き通せば、だまし続ければ、それが真実とされてしまう。
 それが国際社会の厳しさである。
 子孫の繁栄を願うなら、国家を失い、流浪の民となったユダヤ人が経験した悲劇を、想起すべきだろう。
 スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『ミュンヘン』などはお勧めである。

 ともかく、日本の国民、歴史、伝統の敵を知り、己を知れば殆うからず。
 まずは民主党の実態を知ることだ。

 次の討論に耳を傾けて、ゆるゆるな既存メディアの報道の向こうにある実態を見つ直すよすがとして欲しい。


 
 

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック