宮崎の口蹄疫 現場の叫び (続)

 前回の記事にトラックバックいただきました「てかまる日誌」さんの記事を以下に転載いたします。


「今、宮崎では口蹄疫ウイルスが猛威を振るっている

これにより、宮崎では牛や豚が壊滅的な打撃を受け、多くの畜産農家は生活がままならない状況に追い込まれている

本来ならば、すでに国からの支援が入っていておかしくない状況なのだが、その国が全く機能していない

本来ならば、災害対策費として農水省に備蓄されていたはずの資金が、民主党の事業仕分けにより「ムダ」として、没収されてしまったからである

もはや民主党政権の国はあてにならない

少ないけど、俺は自分の故郷を守るため、自殺者を出さないためにも義捐金を送ることにしました

皆さん、宮崎を助けて下さい

マイミクさんの日記には、昨日の宮崎日日新聞の1面が張ってあり、宮崎の悲痛な叫びが聞こえてきます・・・・

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1486165310&owner_id=11900185&comment_count=5


以下は、宮崎県HPより転載

口蹄疫被害に対する義援金を募集します

県では、4月20日の本県における口蹄疫発生以来、口蹄疫防疫活動により影響を受けた畜産農家に対する支援を行うため、「宮崎県口蹄疫被害義援金」を下記により募集します。

1 義援金の名称
宮崎県口蹄疫被害義援金

2 義援金の使い方
義援金の配分については、県、社会福祉法人宮崎県共同募金会及び関係機関で構成される義援金配分委員会において決定し、市町村を経由して口蹄疫により被害を受けられた畜産農家に配分します。

3 実施主体
宮崎県、社会福祉法人宮崎県共同募金会

4 義援金の募集方法について
宮崎県、市町村、共同募金会市町村支会に募金箱を設置し義援金を募集します。
※ 口座振り込みによる義援金募集については、現在準備中であり、準備が整い次第お知らせいたします。
※ 今回の義援金募集につきましては、法人税及び所得税に関する控除等の優遇措置はありません。

5 募集期間
平成22年5月14日(金曜)から7月30日(金曜)まで

6 問い合わせ先
宮崎県福祉保健部福祉保健課(担当:小川)
Tel 0985-26-7075 Fax 0985-26-7326
社会福祉法人宮崎県共同募金会(担当:大山)
Tel 0985-22-3878 Fax 0985-22-3879
【参考】
上記の被害畜産農家に対する「宮崎県口蹄疫被害義援金」とは別に、県が取り組む口蹄疫対策に対し寄附していただける場合は、インターネットからで も利用できる「ふるさと宮崎応援寄附金」(いわゆる「ふるさと納税」制度)などの寄附制度(税制上の優遇措置を受けられる場合があります。)があります。
制度については県庁のホームページ(http://www.pref.miyazaki.lg.jp/furusato/)をご覧いただくか、次までお問い合わせください。

個人の場合
宮崎県総務部財政課(Tel:0985-26-7014 Fax:0985-29-8789)
法人の場合
宮崎県県民政策部総合政策課(Tel:0985-26-7115 Fax:0985-26-7331)
このページの内容についてのお問い合わせは
福祉保健部 福祉保健課
電話:0985-26-7075
FAX:0985-26-7326
E-mail:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1486700195&owner_id=17915226からの転載でした。」



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック