花のいろは うつりにけりな いたづらに 
我が身よにふる ながめせしまに


小野小町 (『小倉百人一首』)


久方の 光りのどけき 春の日に
しづ心なく 花の散るらむ


紀友則 (『古今和歌集』)


世の中に たへて桜の なかりせば
春の心は のどけからまし


在原業平 (『伊勢物語』)


西行法師の和歌三首


春風の 花をちらすと 見る夢は
さめても胸の さわぐなりけり



願はくは 花の下にて 春死なむ
その如月の 望月のころ
            


仏には 桜の花を たてまつれ
わが後の世を 人とぶらはば



月と桜をこよなく愛した西行法師。二首目の歌を詠んだ翌年の如月の、桜の咲くころに、河内葛城山の弘川寺で入寂したという。

 次は代作の可能性が高いが、徳川家康が、その死の直前に、太政大臣拝命の席で、勅使を前に詠んだ和歌。


治まれる 大和の國に 咲匂う 
幾萬世の 花の春風
                  

徳川家康 (『徳川実紀』) 


 これは長い戦乱の時代を経てようやく成った平和を寿いだ和歌。

 次は潔く散ることを桜に託して詠った和歌。
            

散るをいとふ 世にも人にも さきがけて 
散るこそ花と 吹く小夜嵐
              

三島由紀夫


古人がさくらに込めた思いはまったくさまざまだ。
 

 さくら さくら 弥生の空は 見わたすかぎり 霞か雲か 匂ひぞ出づる いざや いざや 見に行かん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック