さくらを詠んだ昭和天皇の御製

 風さゆる 冬は過ぎて まちにまちし 
 八重桜咲く 春となりけり 
 
              

 この歌は、昭和二十七年四月二十八日に、サンフランシスコ平和条約が発効して、日本が独立を回復したときに詠まれた御製です。
 日本はそれまで旧連合国、現在の国連常任理事国の占領下にあり、言論は統制され、日本の伝統は本質的な危機にさらされていました。
 日本の伝統を背負われた昭和天皇が、この時代を冬と感じ、春を待ちこがれていたお気持ちがよく感じられて、あの戦争の悲劇、占領下の厳しさを思わずにはいられません。
 その春の訪れを、昭和天皇は伝統的日本人として、やはりさくらに託さざるを得ないのですね。さくらに思いを託すことで、その思いは国民の感情にダイレクトに伝わってきます。

 しかし、昭和天皇の思いが、そのまま後の世の国民に伝わっているとは限りません。大方の日本人は、その春を、軍部の圧制や暗愚な政治指導者からの国民の解放、あるいは民主主義というかたちで、アメリカがもたらしてくれたものと勘違いしてしまったのですから。

 昭和天皇は、祖父である明治天皇を模範とされていました。
 その明治天皇にも、さくらを詠んだ御製があります。

 高どのの 窓てふ窓を あけさせて
 四方の桜の さかりをぞ見る


 高く作られた宮殿の窓という窓を開けさせて、よものさくらが盛んに咲き誇っているのを眺める。
 実に堂々とした歌です。

 実は昭和天皇は、大東亜戦争開戦前の昭和十六年九月六日の御前会議の際、次の明治天皇の御製を詠んで、開戦を戒める意思をお伝えになられたことがあります。 

 四方の海 みなはらからと 思う世に 
 など波風の たちさわぐらむ


 これは日露戦争の際に明治天皇がお詠みになられた御製とされていますが、西南戦争の際にお詠みになられた御製であるとの説もあります。
 内容から言えば、西郷南洲翁に深い同情を示された明治天皇が、明治の草創期に内乱の勃発を憂いてお詠みになられた御製とした方がしっくりするのですが、はっきりしたことは分かりません。

 いずれにしても戦争を厭う気持ちを詠んだ歌で、明治天皇を模範とされた昭和天皇が、アメリカとの開戦の危機を前にして、政府の指導者たちの前で、この歌を詠み上げたのももっともに思えます。
 その昭和天皇は、明治天皇が祖神を前にお誓いになられた「五箇条のご誓文」以来、明治の国是として、日本固有の民主主義が存在したことをよく知っていました。ですから、敗戦後、日本人が初めて迎えた元旦の詔書に、この五箇条のご誓文を特筆して掲げておられます。
 あの詔書を未だに人間宣言と誤解している方もおられますが、あの詔書で天皇が思想的混乱の極みにあった国民に伝えたかったのは、「五箇条のご誓文」という、明治以来のこの国の国是のことです。それはさらにさかのぼれば、聖徳太子の十七条憲法にまでつながってくる、この国の伝統、もっと言えば国体といってもよいものです。
 この国の国体、伝統は、七年間の連合国による占領政策によって圧殺しかかっていた。それは昭和天皇のみならず、皇太子殿下(今上陛下)の身辺にまで及んでいました。昭和天皇の春を待ちこがれる気持ちは切実なものだったはずです。

 しかし、本当の春は、昭和二十七年の春に訪れたといえるのでしょうか。
 一日の陽気に、いささか気の早いさくらのつぼみがほころんだに過ぎなかったのでは。
 大方の日本人は東京裁判史観に毒されたままですし、マスメディアも当時の言論統制をそのまま受け継いだ報道を国民に垂れ流し続けています。

 日本人がさくらに託す、もっとも深刻な意味での思いにおいて、戦後、一度でも、さくらは咲き誇り、そして散ったことはなかったのではあるまいか。
 もはや、さくらの樹そのものが、蟲に食い荒らされて、嵐が来れば根っこからすぐ倒れてしまうような、そんな倒壊の危機にさらされているのではあるまいか。
 そんな心配が杞憂であればいいのだが。
 咲きはじめのさくらを見ながら、そんなことを思う、今日この頃です。
 
 



昭和天皇独白録
楽天ブックス
文春文庫 著者:寺崎英成/マリコ・テラサキ・ミラー出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:262p発行

楽天市場 by ウェブリブログ

写真集 天皇皇后ご成婚50年 祈りきませり
朝日新聞出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




昭和天皇・マッカーサー会見
楽天ブックス
岩波現代文庫 著者:豊下楢彦出版社:岩波書店サイズ:文庫ページ数:240,発行年月:2008年07月

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック