坂本竜馬と小松帯刀

 NHK大河ドラマ『篤姫』で今回坂本竜馬が暗殺されましたね。
 坂本竜馬と篤姫は大して近い関係にありませんでしたが、ドラマでは篤姫と薩摩の若き家老小松帯刀が近い関係に描かれていて、彼と竜馬が平和解決路線で共鳴関係にあるように描かれており、そのことがあって、竜馬の暗殺事件が大きく取り上げられているようでした。
 宮尾登美子の原作を読んだことがないので、これが原作に忠実な結果そうなったものか、それともやはり現代における明治維新最大のヒーローである竜馬を大きく取り上げない手はないという、視聴率を意識したNHKの意向が反映したものなのか、私は知りません。
 NHKの大河ドラマは、歴史小説を原作とする大衆向けのドラマですから、分かりやすく描かれているほうが視聴者にとってよく、その予定調和的な描かれ方にけちをつける気は毛頭ないのですが、過酷な政治的経験をし、政局を何とかそこまで推し進めてきた、実際の竜馬や小松は、そのような空想的な立場に立っていたわけではありません。

 今回のドラマと同じような描かれ方をしている司馬遼太郎の『竜馬がゆく』から、そこに描かれている竜馬像にほれ込み、そして日本の歴史の面白さに目覚めた私としては、未だに坂本竜馬という人物に好意を持っていて、また高く評価もしており、敬意を抱きこそすれ、その人物を非難するいわれはないのですが、でも、戦後主流であった維新像に則った、ドラマにおける描かれ方には、少し言っておきたいことがあります。
 というのは、今回のドラマで、かつての私と同じように、坂本竜馬に好意を抱き、興味を持った方には、やはり竜馬の真の姿を知っていただき、戦後の反戦平和思想を投影した虚像よりも、その実像が持つ真の価値に目覚めてほしいと思うからです。
 特に、大政奉還前後から暗殺されるまでの時期、岩倉と接近していた西郷・大久保ら武力討幕派と、小松・坂本ら平和解決派との間に意見の相違が生じていたとの説は、坂本竜馬を理解する上で誤解を生むものですし、そこにとどまらず、明治維新を理解する上でも大変な誤解を生むものです。
 以前テレビでも放映され、その後もまことしやかに言われ続けている、竜馬暗殺事件薩摩藩黒幕説の根拠となっている説でもあります。
 かつてこのブログでも、対立説を否定し、薩摩藩黒幕説を愚論として批判したことがあります。
 少なくとも、竜馬が単純な平和解決論者ではなかったことについては、今、飛鳥井雅道氏の『坂本龍馬』(講談社学術文庫)を読んでみるとちゃんと書かれています(ただこの本も薩摩藩の行動に関する記述については疎いところがあります)。
 ですから、そちらか当ブログの記事(「愚論!坂本竜馬暗殺事件、薩摩藩黒幕説」)の方をご覧いただくことにして、ここでは論証を省きますが、これらは小松帯刀に関しても言えることです。 その辺のことについては、拙著『(新)西郷南洲伝』の上巻で、その思想的背景から詳述したので、これまたそちらの方をご覧いただきたいと思います。
 ともかく小松と竜馬だけでなく、西郷・大久保・岩倉の言動が一つの価値規範で貫かれ、見事に意思統一が図られていることについては見事なほどです。ここには中岡慎太郎を加えてもいいでしょう。
 それを理解するには、士族必須の教養であり、当時の一般常識でもあった儒学をよく知った上で、史料を読み込む必要がありますが、現代の歴史家にはそういった姿勢が欠けているようで、恣意的な解釈が横行しているのが現状のようです。いわんや歴史小説においてをや、です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック