西郷隆盛の命日

 今日、九月二十四日は西南戦争の終局である城山陥落の日、すなわち西郷隆盛の命日です。
 今から百三十一年前のこの日、西郷隆盛を中心とする明治政府への最大の批判者達は、半年間南九州を激戦しながら転戦し、その挙句、鹿児島に追い詰められて、玉となって砕けたのでした。
 近代日本の礎となった英霊達の冥福を祈りたいと思いますが、彼らが今日の日本のていたらくを見たらどう思うでしょうか。

 ところで西郷隆盛の命日を意識してのことでしょうが、一昨日のNHK番組『知るを楽しむ』の「この人この世界・神になった日本人」では、西郷隆盛が取り上げられていました。題は「思慕と敬愛の「記憶装置」-西郷隆盛-」。解説者は民俗学者の小松和彦氏でした。

 内容は、西郷隆盛の生涯を大まかに紹介し、西南戦争における西郷隆盛の立場を、小松氏の征韓論争および西南戦争に関する解釈を交えて、いかに民衆の心の中に、西郷隆盛に対する敬愛と追慕の念が刻み込まれていったのかが語られていました。
 小松氏のことはよく知りませんが、民俗学者ですから、その立場から見た西郷隆盛像としては良識的なものですが、その像には幾らかの誤謬が含まれていることを指摘しておかなければなりません。
 もちろん小松氏の西郷像は、歴史学者の解釈に則ったものでしょうから無理もないのですが、確実なところで、西郷隆盛が負けるのを承知で挙兵に踏み切ったことと、武士の時代の終わりを見据え、自己の歴史的役割を悟った上で、政府に対する不平勢力に身を委ねたとする見解は誤りであり、これについては証拠も挙げることが出来ます。

 西郷隆盛が少なくとも熊本城をめぐる攻防の段階で、意欲満々、政府軍を破るつもりであり、また勝てる見通しを持っていたことは、戦争勃発二週間後の三月五日付けで、鹿児島県令大山綱良に対し、「この上ながら宮(征討将軍である皇族有栖川宮)を押し立て来り候わば、打ちすえ罷り通り申すべく候に付き」云々と書き送っていることでもわかりますし、十二日付同人宛書簡では、「我が兵を一向此処に力を尽くし候処、既に戦いも峠を切り通し、六七分の所に打ち付け申し候。」と述べています。これでどうして勝つ気がなかったと言えるのでしょう。
 
 熊本城攻略は薩軍最大の失策であり、愚策であったと断ずる人がほとんどですが、これは一を知って二を知らぬ論で、薩軍、延いては西郷隆盛の戦略構想は、実は、必ずしも熊本城攻略にあったのではなく、政府軍の動員力と比較して、自軍の不利を踏まえた上で、天下の大勢を見極めた上で選択した戦略であり、道義的に見ても、私はむしろ天才的な戦略であったと感じています。おそらく薩軍がこの戦争に終局的に勝利する可能性があったとすれば、この選択しかなかったのではないかとさえ思います。
 喉元過ぎれば熱さを忘れるで、熊本攻防戦を制した政府軍が勝利したことで、西南戦争を始めから結果のわかっている戦争のように言う人もありますが、この熊本攻防戦に参加した人の証言を読む限り、これがこの戦の天王山であると信じて、両軍とも全力を尽くして戦ったということがわかります。
 薩軍の幹部クラスはほとんど戦死しており、証言少なく、またこの戦争が西郷大将の暗殺疑惑から端を発していることもあって、薩軍は戦争中、大将の所在地を秘匿し続けたこともあって、戦争中の西郷隆盛の動静を窺うことの出来る証言は少ないのですが、彼が軍略の教科書として尊重していた「孫子」を右手に、薩軍の行動を追っていくと、彼らが、熊本攻防戦敗退後の圧倒的に不利な状況下で、最善を尽くして挽回を図ろうとしていたことが見えてきます。
 詳しいことは、『(新)西郷南洲伝』の下巻で追究していますので、そちらに譲りたいと思いますが、私が見る限り、西郷隆盛は維新政府の持つ本質的欠陥に気づいて、これを正そうとしていましたし、また武士の時代の終わりを考えていたというよりも、士族を活用することで、その武士精神を、階級的なものに限定するのではなく、日本国民全般に押し広げていこうとしていたと考えて間違いないと思います。
 そして彼が、この士族を最も活用しようとしていたのが、ロシアの南下政策に対する防波堤としてでした。征韓論ないし遣韓大使論も、その構想の一部としてみていく必要があります。

 政府は征韓論争から西南戦争への一連の事件で、自らの首を絞め、結果的に日露戦争を招き寄せてしまったようなところがあります。あの戦争は勝ったから良かったようなものの、世界に与えた衝撃的な印象(海軍は特に完勝であった)とは裏腹に、中身は意外と際どい勝利でありましたし、そもそもが、征韓論政変勝ち組が、大陸政策の着手に誤まった結果として起こった戦争という一面は否定できないと思います。政治家として、国運を賭しての、一か八かの戦いは、できるだけ避るように政治を運営していかなければならないのは自明のことでしょう。
 であるにもかかわらず、ロシア問題の積極的な解決に乗り出した貴重な人材を、国内の内戦で消耗し、大陸政策の混乱を招いた政府、なかんづく大久保利通を高く評価する人は、一を知って二を知らぬ者ということが出来るかと思います。
 大久保が当時の人材の中で傑物であったことは、万人が認めるところであり、私も異論はありませんが、西洋視察後の彼はむしろ政治家として迷走しており、征韓論政変で自ら引き寄せた政治的危機から逃げずに、これと向き合い、最終的に勝者になったことで、政治家として高く評価されているわけですが、彼がなした政治の功罪について、日本の近代史を鳥瞰して、全体像を知って論じている人は、意外と少ないのではないかと思います。

 西郷隆盛が城山で斃れたとの報を聞いた頭山満は「千年も二千年も年を経た神木が根元から折れて、どしんと大音響のした感じがした」と告白していますが、小松和彦氏が述べておられた、日本人特有の判官びいき以上の、大きくて深い意義が、日本人の西郷隆盛に対する敬愛と思慕の中には含まれていると私は感じています。
 西郷隆盛没後百三十年以上を経て、日本はまさに枯死しかかっていると感じているのは私だけではないはずです。日常に埋没している人もせめて、西郷隆盛の命日である今日だけは、このことに真剣に思いを馳せて頂きたいものです。
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック