アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「国体」のブログ記事

みんなの「国体」ブログ

タイトル 日 時
己れを愛するは善からぬことの第一なり 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十六条
己れを愛するは善からぬことの第一なり。修行の出来ぬも、事の成らぬも、過ちを改むる事の出来ぬも、功に伐(ほこ)り、驕慢の生ずるも、皆自ら愛するが為なれば、決して己れを愛せぬものなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 16:51
人を相手にせず、天を相手にせよ 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十五条
人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして己れを尽くし、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 17:17
道は天地自然の物にして、…天を敬するを目的とする 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十四条
道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とする。 天は人も我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心を以て人を愛するなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/14 17:37
学に志す者… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十三条
学に志す者、規模を宏大にせずばあるべからず。さりとて唯ここにのみ偏倚すれば、或いは身を修するに疎かに成り行くゆえ、終始己れに克ちて、身を修するなり。規模を宏大にして己れに克ち、男子は人を容れ、人に容れられては済まぬものと思えよ、と古語を書いて授けらる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 17:01
己れに克つに、事々物々、時に臨みて… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十二条
己れに克つに、事々物々、時に臨みて克つ様にては克ち得られぬなり。兼ねて気象を以て克ち居れよ、となり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 17:00
道は天地自然の道なるゆえ、講学の道は… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十一条
道は天地自然の道なるゆえ、講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修するに克己を以て終始せよ。己れに克つの極功は「意なく、必なく、固なく、我なし」(『論語』)と云えり。  総じて人は己れに克つを以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ。能く古今の人物を見よ。事業を創起する人、その事、大抵十に七八までは能く成し得れども、残り二つを終わりまで成し得る人の稀なるは、始めは能く己を慎み、事をも敬するゆえ、功も立ち、名も顕るるなり。功立ち名顕るるに随い、いつしか自ら愛する心起こり、恐懼・戒慎の意弛み、驕矜の気漸く長... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 18:15
何程制度方法を論ずるとも、その人に非ざれば行われ難し 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十条
何程制度方法を論ずるとも、その人に非ざれば行われ難し。人ありて後、方法の行わるるものなれば、人は第一の宝にして、己れその人に成るの心がけ肝要なり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 18:40
古より君臣共に己れを足れりとする世に…【西郷南洲翁遺訓解説】 第一九条
古より君臣共に己れを足れりとする世に、治功の上りたるはあらず。自分を足れりとせざるより、下々の言も聴き入るるものなり。己れを足れりとすれば、人、己れの非を言えばたちまち怒るゆえ、賢人君子はこれを助けぬなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 18:01
「正韓論」 【西郷南洲翁遺訓解説】 第十八条 C
 朝鮮半島の国家の政治に道義もへったくれもないのは、現在の北朝鮮や韓国の慰安婦像をめぐる問題を見ても何も変わっていないようだ。  明治初頭の朝鮮半島をめぐる外交問題でもそれはよく似ている。 李氏朝鮮が日本の領事館に当たる釜山の草梁倭館に侮辱を加え、嫌がらせをしたことに対し外務卿の副島種臣が官員の引き上げを正院に対し建議したこともあったのである。  彼が万国公法に照らし合わせて護衛艦を引き連れての問罪使派遣を主張したことはすでに触れた。  しかし、翁はこれに待ったをかけた。  相手に道理... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 18:02
征韓論 【西郷南洲翁遺訓解説】 第十八条 B
B征韓論  道理に基づく一致一和を目指すという、島津斉彬より継承された政治方針は、文明開化、明治の御代となっても変わっていない。  明治四年七月に廃藩置県が行われたが、これは王土王民思想に基づいてなされた明治二年の版籍奉還の徹底化であり、かなり急進的な改革であったが、薩長を中心とする兵の睨みが効いただけではなく、道理であるからこそ、成った改革だったのである。ここでも江戸時代を通じて浸透した儒教とそれに基づく國體観の普及は大きな成果を収めている。  政府はその勢いに乗って不平等条約改正の予備... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/03 17:50
談、国事に及びし時… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第十八条 A
【遺訓第十八条】解説A「幕末の王政復古倒幕運動」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 17:30
国の凌辱せらるるに当りては… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第十八条 @
談、国事に及びし時、慨然として申されけるは、国の凌辱せらるるに当りては、たとえ国を以て斃るるとも、正道を踏み、義を尽くすは政府の本務なり。然るに平日金穀理財の事を議するを聞けば、如何なる英雄豪傑かと見ゆれども、血の出る事に臨めば、頭を一処に集め、ただ目前の苟安を謀るのみ。戦の一字を恐れ、政府の本務を堕しなば、商法支配所と申すものにて、さらに政府には非ざるなり。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/17 17:09
正道を踏み、国を以て斃るる・・・ 【西郷南洲翁遺訓】 第十七条
正道を踏み、国を以て斃るるの精神なくば、外国交際は全かるべからず。彼の強大に畏縮し、円滑を主として、曲げて彼の意に順従する時は、軽侮を招き、交親却って破れ、終に彼の制を受くるに至らん。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/10 17:37
節義廉恥を失いて、国を維持するの道決してあらず 【西郷南洲翁遺訓解説】 第十六条
節義廉恥を失いて、国を維持するの道決してあらず、西洋各国同然なり。上に立つ者下に臨みて利を争い義を忘るる時は、下皆これに倣い、人心忽ち財利にはしり、卑吝の情日々長じ、節義廉恥の志操を失い、父子兄弟の間も銭財を争い、相讐視するに至るなり。かくの如く成り行かば、何を以て国家を維持すべきぞ。  徳川氏は将士の猛き心を殺ぎて世を治めしかども、今は昔時戦国の猛士よりなお一層猛き心を振るい起こさずば、万国対峙は成るまじくなり。普仏の戦、仏国三十万の兵、三カ月糧食ありて降伏せしは、あまり算盤に精しき故なりと... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/03 16:54
常備の兵数もまた… 【西郷南洲翁遺訓】 第十五条
常備の兵数もまた、会計の制限に由る。決して無根の虚勢を張るべからず。兵気を鼓舞して精兵を仕立てなば、兵数は寡(すくな)くとも、折衝禦侮ともに事欠くまじくなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 17:15
会計出納は制度の由って立つ所… 【西郷南洲翁遺訓】 第十四条
会計出納は制度の由って立つ所、百般の事業皆これより生じ、経綸中の枢要なれば、慎まずばならぬなり。その大体を申さば、入るを量りて出ずるを制するほか更に術数なし。一歳の入るを以て百般の制限を定め、会計を総理する者、身を以て制を守り、定制を超過せしむべからず。しからずして時勢に制せられ、制限を慢(みだり)にし、出ずるを見て入るを量りなば、民の膏血を絞るのほかあるまじくなり。然らば、たとえ事業は一旦進歩する如く見ゆるとも、国力疲弊して済救すべからず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 17:42
租税を薄くして、民をゆたかにするは… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第十三条
租税を薄くして、民を裕(ゆたか)にするは、すなわち国力を養成するなり。故に国家多端にして財用の足らざるを苦しむとも、租税の定制を確守し、上を損じて下を虐げぬものなり。よく古今の事跡を見よ。道の明かならざる世にして、財用の不足を苦しむ時は、必ず曲知小慧の俗吏を用い、巧みに聚斂(しゅうれん)して一時の欠乏に給するを理財に長ぜる良臣となし、手段を以て苛酷に民を虐げるゆえ、人民は苦悩に堪え兼ね、聚斂を逃れんと、自然譎詐狡猾におもむき、上下互いに欺き、官民敵讐となり、ついに分崩離析に至るにあらずや。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 17:24
謹賀新年
 新年あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 10:49
西洋の刑法は… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第一二条
西洋の刑法は専ら懲戒を主として苛酷を戒め、人を善良に導くに注意深し。故に囚獄中の罪人をも、如何に緩やかにして鑒戒となるべき書籍を与え、事に因りては親族朋友の面会をも許すと聞けり。尤も聖人の刑を設けられしも、忠孝仁愛の心より鰥寡(かんか)孤独を愍(あわれ)み、人の罪に陥るを恤(うれ)い給いしは深けれども、実地手の届きたる今の西洋の如くにありしにや、書籍の上には見え渡らず、実に文明じゃと感ずるなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 17:39
文明とは… 【西郷南洲翁遺訓解説】 十一条
文明とは道の普く行わるるを賛称せる言にして、宮室の荘厳、衣服の美麗、外観の浮華を言うには非ず。世人の唱うる所、何が文明やら、何が野蛮やらちっとも分からぬぞ。予嘗て或人と議論せしこと有り。西洋は野蛮じゃと云いしかば、否文明ぞと争う。否野蛮じゃと畳みかけしに、何とてそれ程に申すにやと推せしゆえ、実に文明ならば、未開の国に対しなば、慈愛を本とし、懇々説諭して開明に導くべきに、左は無くして、未開蒙昧の国に対する程、むごく残忍の事を致し、己を利するは野蛮じゃと申せしかば、その人口を莟(つぼ)めて言無かりき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 17:26
人智を開発するとは… 【西郷南洲遺訓解説】 第十条
人智を開発するとは、愛国忠孝の心を開くなり。国に尽くし、家に勤むるの道明らかならば、百般の事業は従て進歩すべし。あるいは耳目を開発せんとて、電信を懸け、鉄道を敷き、蒸気仕掛けの器械を造立し、人の耳目を聳動すれども、何故、電信鉄道のなくては叶わぬぞ、欠くべからざるものぞ、というところに目を注がず、みだりに外国の盛大を羨み、利害得失を論ぜず、家屋の構造より玩弄物に至るまで、一々外国を仰ぎ、奢侈の風を長じ、財用を浪費せば、国力疲弊し、人心浮薄に流れ、結局日本身代限りの外あるまじきなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/16 17:19
忠孝仁愛教化の道は… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第九条
忠孝仁愛教化の道は政事の大本にして、万世に亘り宇宙に弥(わた)り易(か)うべからざるの要道なり。道は天地自然の物なれば、西洋と雖も決して別なし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 17:15
広く各国の制度を採り、開明に進まんとならば… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第八条
 広く各国の制度を採り、開明に進まんとならば、先ず我国の本体をすえ、風教を張り、然して後、徐(しず)かに彼の長所を斟酌するものぞ。否(しか)らずして彼に倣いなば、國體は衰頽し、風教は萎靡して匡救(きょうきゅう)すべからず。遂に彼の制を受くるに至らんとす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2016/12/02 17:06
事大小となく、正道を踏み、至誠を推し… 【西郷南洲遺訓解説】 第七条
 事大小となく、正道を踏み、至誠を推し、一時の詐謀を用うべからず。人多くは事の差し支ゆる時に臨み、作略を用いて、一旦その差し支えを通せば、跡は時宜次第工夫の出来る様に思えども、作略の煩いきっと生じ、事必ず敗るるものぞ。正道を以てこれを行えば、目前には迂遠なる様なれども、先に行けば成功は早きものなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2016/11/25 16:48
人材を採用するに、君子小人の弁、酷に過ぐる時は… 【西郷南洲翁遺訓解説】第六条
人材を採用するに、君子小人の弁、酷に過ぐる時は却って害を引き起こすものなり。その故は開闢以来世上一般、十に七八は小人なれば、能く小人の情を察し、その長所を取り、これを小職に用い、その才芸を尽くさしむるなり。東湖先生申されしは「小人ほど才芸ありて用便なれば、用いざればならぬものなり。さりとて長官にすえ重職を授くれば、必ず邦家を覆すものゆえ、決して上には立てられぬものぞ」となり。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 07:45
万民の上に位する者… 【西郷南洲翁遺訓解説】第四条
万民の上に位する者、己を慎み、品行を正しくし、驕奢を戒め、節倹を勉め、職事に勤労して人民の標準となり、下民その勤労を気の毒に思う様ならでは、政令は行われ難し。然るに草創の始めに立ちながら、家屋を飾り、衣服を文(かざ)り、美妾を抱え、蓄財を謀りなば、維新の功業は遂げられまじきなり。今となりては、戊辰の義戦も偏に私を営みたる姿に成り行き、天下に対し戦死者に対して面目なきぞとて、頻りに涙を催されける。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/31 17:01
政の大体は、文を興し、武を振るい・・・ 【西郷南洲翁遺訓解説】第三条
政の大体は、文を興し、武を振るい、農を励ますの三つにあり。その他百般の事務は、皆この三つの物を助くるの具なり。この三つの物の中において、時に従い、勢いに因り、施行先後の順序はあれど、この三つの物を後にして他を先にするは更になし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 18:19
賢人百官を総べ… 【西郷南洲翁遺訓解説】第二条
賢人百官を総べ、政権一途に帰し、一格の国体定制なければ、縦令(たとえ)人材を登用し、言路を開き、衆説を容るる共、取捨方向なく、事業雑駁にして成功あるべからず。昨日出でし命令の、今日たちまち引き易(か)うるという様なるも、皆統轄する所一ならずして、施政の方針一定せざるの致す所なり。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/14 16:46
廟堂に立ちて大政を為すは… 【西郷南洲翁遺訓解説】第一条
廟堂に立ちて大政を為すは天道を行うものなれば、いささかとも私を挟みては済まぬものなり。いかにも心を公平に操り、正道を踏み、広く賢人を選挙し、能くその職に任(た)ゆる人を挙げて政柄を執らしむるは即ち天意なり。それゆえ真に賢人と認むる以上は、直ちに我が職を譲る程ならでは叶わぬものぞ。故に何程国家に勲労あるとも、その職に任(た)えぬ人を官職を以て賞するは善からぬことの第一なり。官はその人を選びてこれを授け、功ある者には俸禄を以て賞し、これを愛し置くものぞ、と申さるるに付き、然らば尚書(『書経』)「仲&... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/05 07:52
西郷隆盛の命日 (平成二十八年九月二十四日)
現在、何か一巡したような気がしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/24 18:25
国体論者としての山陽…頼山陽 A (「江戸期の学問の大河」 その十三)
 頼山陽の代表的二著作『日本外史』『日本政記』は後世に大きな影響を及ぼした。  維新回天に大きく貢献するのみならず、彼の国体観から導かれた統帥権の問題は日清、日露と続く、明治日本の軍事的成功に大きく貢献し、明治憲法に規定された統帥権理解・運用の前提知識となっていたし、これを忘れた昭和の指導者たちの「統帥権干犯」問題という混乱を引き起こす基となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/30 17:21
名文家としての山陽…頼山陽 @ (「江戸期の学問の大河」 その十三)
老中を辞した松平定信は、白河藩の藩政に専念し、善政を行って領民に名君として慕われたが、文化九年(一八一二)、家督を長男に譲って、隠居生活に入ってからは、藩政を掌握しつつも、楽翁と称し、文芸を愛し、花鳥風月を楽しみながら悠々自適の生活を行っていた。  文政十年(一八二七)、六十八歳の時、ある文士の名声を耳にし て、その著作を求めた。  頼山陽の『日本外史』である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/24 17:03
藤田東湖…後期水戸学 B (「江戸期の学問の大河」 その十二)
 藤田東湖は幕末、水戸藩公の懐刀として活躍し、戸田篷軒と並んで水戸の両田と称された。幕末の水戸藩を代表する人物の一人である。  東湖は幽谷の次男であるが、長男が早世したため、嗣子として育てられ、この偉大な父からは大きな学問的影響を受けた。文政七年、イギリスの捕鯨船員が大津浜に上陸した際には、父からイギリス兵を斬るよう密命を受け、死を覚悟したことがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 16:33
会沢正志斎…後期水戸学 A (「江戸期の学問の大河」 その十二)
 藤田幽谷は水戸学中興の人物であった。  われわれが幕末を動かした尊王攘夷運動の源泉としての水戸学として想起する思想内容は、幽谷とその弟子たちによって作られたものを指すが、その代表的なものが会沢正志斎『新論』であり、徳川斉昭『弘道館記』であり、これを説明補足した藤田東湖『弘道館記述義』である。これらの書物は志士たちに広く読まれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 16:44
藤田幽谷…後期水戸学 @(「江戸期の学問の大河」 その十二)
 定信が幕政改革に従事した頃の水戸学の質的変化について話を移していきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 16:35
定信の出処進退…松平定信の異端禁制 C (「江戸期の学問の大河」 その十一)
 これまで見てきたように、尊号事件は、すでに家康以来二百年近い徳川家の学問的伝統を背景に持つ定信の徹底した朱子学的リゴリズムが、儒学を大らかに受容してきた、徳川家よりはるかに長い歴史と伝統を持つ朝廷を咎めた事件であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/05 17:09
高山彦九郎の場合…松平定信の異端禁制 B  (「江戸期の学問の大河」 その十一)
尊号事件の処分が終わった頃、一人の草莽の尊王家が自害を遂げている。  林子平、蒲生君平と並んで、寛政三奇士と称された高山彦九郎である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 16:33
今上陛下の「生前退位」報道
 今上陛下の「生前退位」報道が大手主要メディアを通じて一斉に報道されたのが、7月13日のこと。  報道を最初に読んだ時、衝撃を感じたのだが、陛下の高齢を思えば無理もないと思った。ほとんどの国民がそう思ったのではなかっただろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/28 16:25
尊号事件…松平定信の異端禁制 A (「江戸期の学問の大河」 その十一)
定信が非常の覚悟を以て幕政を根本から正す政策に取り組んだ矢先に持ち上がったのが、いわゆる尊号宣下の問題であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/26 17:00
松平定信の異端禁制 @(「江戸期の学問の大河」 その十一)
 松平定信が老中主席に抜擢される以前、幕政を牛耳ったのは、あの金権政治で悪名高い田沼意次であった。  田沼時代は幕府の財政再建を課題とする時代で、重商政策を取ったことから贈収賄が横行したとされる。が、これは幕府保守派から見ての批判で、政治家としては開明的な政策を採用した一種の豪傑であった。彼の父は紀州藩の足軽で吉宗が部屋住みだった時代に側近として仕えた経緯から、吉宗の将軍就任とともに旗本に取り立てられた。息子の意次は後の九代将軍家重の小姓に抜擢され、以後とんとん拍子に出世を遂げ、十代将軍家治時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/21 17:01
明和事件 (「江戸期の学問の大河」 その十)
京都を追放された竹内式部は、伊勢内宮の権禰宜・蓬莱尚賢を頼って伊勢宇治に赴き、家来の鵜飼又太夫宅に寄寓した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 15:59
宝暦事件顛末…朝廷の異端排除  (「江戸期の学問の大河」 その九)  
 山崎闇斎は江戸初期の民間儒者である。  彼はその学問を禅からスタートしたが、朱子学に接するに及んで、これを棄て、「朱子を学んで謬(あやま)らば、朱子とともに謬るなり。何の遺憾かこれあらん」とまで言って、朱子に傾倒していった。朱子学を批判した仁斎の住居、後の古義堂の、堀川を挟んで対岸側に塾を開き、学問的に対峙したのは象徴的である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 16:59
異端の禁制へ (「江戸期の学問の大河」 その八)
 朱子学を根底から批判した古義学・古文辞学、儒学そのものを根底から批判した国学の盛行は、ニーチェが「ルターは教会を再興したのであった、つまり彼は教会を攻撃したからだ」と喝破したように、朱子学を再興し、学問新展開の契機となっていくことになる。  その意味ではカトリックとプロテスタントの関係に似ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/06 16:27
「やまとごころ」の極北 本居宣長 (「江戸期の学問の大河」 その七)
 しき嶋の やまとごころを 人とはば 朝日ににほふ 山ざくら花  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/28 17:15
豪傑儒・荻生徂徠 (「江戸期の学問の大河」 その六)
 徳川綱吉が抜擢した学者の中に、側近柳沢吉保の家来であった荻生徂徠がいる。まだ朱子学の影響下にあった徂徠だが、綱吉の在職中に起きた赤穂浪士の処分には徂徠の意見が採用されるなど、学者としての見識にはすでにただならぬものがあった。綱吉の死後、藩命により綱吉の伝記『憲廟実録』の編纂に関わっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/22 07:54
犬公方・徳川綱吉の仁政 (「江戸期の学問の大河」その五)
 伊藤仁斎(寛永4年から宝永2年【1627−1705】)の思索が最も充実した時期は、「犬公方」こと、五代将軍徳川綱吉の治世(延宝8年から宝永6年まで在職【1680―1709】)に大きく重なる。  実は、江戸にいるこの特異な天下人は、仁斎と同じ観点から、すなわち仁義、慈愛の観点から天下を変えようと大胆な改革に臨もうとしていたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/16 08:22
伊藤仁斎の国体観 (「江戸期の学問の大河」その四)
 朱子学に対する批判から興ったいわゆる陽明学への傾倒から、林家から異端視されるに至った人物として、「近江聖人」こと中江藤樹や熊沢蕃山がいる。彼らは自立的な学問の道を切り拓いた人たちであるが、より徹底して、後世に大きな影響を与えた人物として、ここでは伊藤仁斎を取り上げたい。    仁斎は京都の材木商の息子で、終生、京都を離れず、市井にあって、京大坂を中心とする三千人を超える門弟を育てながら、学者として身を立てた。  小堀圭一郎氏は彼を「我国で最初の職業的学者」「日本型アカデメイアと呼ぶべき学... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 15:55
水戸学の源流 光圀の屈折 (「江戸期の学問の大河」その三)
 全てが全てというわけではないが、シナの学問である朱子学に傾倒した儒者が神道的なものと習合していくのは不思議といえば不思議である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/30 16:25
徳川家康の側近が遺した思想書 (「江戸期の学問の大河」その二)
 江戸時代初期には、家康のブレーンが著したとされる書物が、世間に流布した。豊国廟の社僧にして吉田神道との関係も深い神龍院梵舜が著したと推定される『心学五倫書』、藤原惺窩(梵舜の実兄・吉田兼見の猶子であった)が著したとされる『仮名性理』、家康の政治面における顧問であった本田佐渡守正信が二代将軍秀忠の求めに応じて著したとされる『本佐録』などである(『本佐録』については同内容で藤原惺窩が著したとされる文書も存在する)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/24 16:49
徳の川の源流 (「江戸期の学問の大河」 その一)
 政治学者渡辺浩氏の『日本政治思想史[十七〜十九世紀]』によれば、「儒学は、人類がこれまで築いた、おそらく最強の体系的政治イデオロギーである」という。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 16:04
江戸時代の学問の大河
昨年末に更新した記事「ニーチェが登った階段」に次のように書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/14 17:33
本当の意味での日本の復興
 出典を明らかに出来ないが、昭和天皇は戦後日本の復興は250年かかるといわれたという。  戦後70年の今日、安倍首相が様々な牽制を受けながらようやく公表した談話を読むと、昭和天皇のご心配は決して杞憂ではなかった。そんな気にさせられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/22 17:41
戦後七十年首相談話について
終戦記念日の前日、八月十四日に安倍首相の終戦七十年談話が公表された。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/19 12:33
昭和天皇の人間宣言!ではなくて、新日本建設の詔
遅ればせながら、加藤康男氏の『昭和天皇 七つの謎』を読んだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/11 18:04
大嘗祭の山頂と裾野
大嘗祭についてずっと考えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/05 17:46
皇室の秘儀中の秘儀 大嘗祭
 ここのところ、ブログの更新を怠っているが、執筆活動を休止しているわけではない。  現在、数年前に書き始めた「皇室と『論語』」の仕上げで手一杯で、ブログの更新まで手が廻らないからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/29 17:43
皇室の権威  思想問題としての開国、そして文明開化 (その二) 
江戸時代の皇室の権威回復現象についての政治学者・渡辺浩氏の見解。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/12 16:04
神かカイサルか ―山本七平
「パレスチナ問題」――それはおそらく二千年以上つづいて来た問題である。…(中略)…いったいその背後には何があったのか。それは一つの言葉に要約できる――「神かカイサルか」。  当時の世界はこの言葉を理解しなかった。「神はカイサル」ではあっても、「神かカイサルか」という言葉はあり得ない。当時の全世界の民にとっては、この言葉が語義矛盾であったろう。従ってローマ人は、この言葉のために戦い、この言葉を守るため平然と処刑される人を理解できなかった。そしておそらく、いまの日本でも理解されないであろう。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/24 17:16
ニーチェとユダヤ人
 有名な「神は死んだ、われわれが殺したのだ」といったニーチェが、近代西欧において歴史的役割を終えたと見たキリスト教に変わる新たな価値の創造を目指し、狂気の淵に沈んだのが、一八八九年正月のこと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/16 07:33
尾崎秀実の根っこ
尾崎の言う「八紘一宇」の内容についてもう少し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/09 07:12
むしろ被差別、被侵略国であった日本 尾崎秀実の「八紘一宇」 (四)
 今年で戦後七十年。  あの戦争の意義を正確に知らずに、戦勝国の言い分を安易に受け入れてペコペコ謝るばかりでは、英霊はもちろん、犠牲者の霊も浮かばれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 08:39
日本は世界のアンパンマン
  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/01 16:18
侵略のスローガンではなかった「八紘一宇」  尾崎秀実の「八紘一宇」 (三)
尾崎は言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/30 16:19
他国侵略のスローガンというのは本当か 尾崎秀実の「八紘一宇」 (二) 
 戦後日本のぬるま湯に浸かってきた日本の共産主義者たちが、尾崎の転向文書とちゃんと向き合えずにきたのもむべなるかなという気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/27 15:57
尾崎秀実の「八紘一宇」 (一)
「八紘一宇」という価値観を大切にしてきたと意外なことを告白した三原じゅん子氏と言えば、われわれの世代にとっては金八先生担任・三年B組の不良少女としてのイメージが強くこびりついていて、彼女のこの発言に関しては懐疑的にならざるを得ないのだが、金八先生の「贈る言葉」が効いたのであろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/24 16:34
「八紘一宇」
 自民党所属の参議院議員・三原じゅん子氏が参議院予算委員における質疑の中で、「八紘一宇」という言葉を取り上げて、ネット上ではちょっとした話題になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/20 17:50

トップへ | みんなの「国体」ブログ

西郷隆盛 国体のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる