西郷隆盛

アクセスカウンタ

zoom RSS 己れに克つに、事々物々、時に臨みて… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十二条

<<   作成日時 : 2017/04/07 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

己れに克つに、事々物々、時に臨みて克つ様にては克ち得られぬなり。兼ねて気象を以て克ち居れよ、となり。


(大意)己れに克つには、物事に臨んで、その時になって初めてうち克とうとしても、克ち得られるほど甘くはないものだ。兼ねて、常日頃より己にうち克つよう心掛けて物事に臨んだときにはすでに、心構えが出来上がっているようにしておけよ。

【解説】は二十一条の解説に譲る。
 日頃の練習・訓練でできていないことは本番でもできない、ということと同じことだ。しかも、その練習・訓練でさえしていないとなればなおさらである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
己れに克つに、事々物々、時に臨みて… 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十二条 西郷隆盛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる